【U-23アジア選手権展望】日本×カタール|国内組の意地とプライドを懸けた一戦。未出場の遠藤と菅が先発か?

【U-23アジア選手権展望】日本×カタール|国内組の意地とプライドを懸けた一戦。未出場の遠藤と菅が先発か?

カタール戦の予想スタメン布陣。未出場の遠藤と菅が先発起用されるか。



U-23アジア選手権 グループリーグ第3戦
日本 − カタール
1月15日/22:15(日本時間)/ラジャマンガラ・スタジアム

 東京五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権。第2戦でシリアに敗れ、1試合を残して日本はグループステージで姿を消すことになった。

 カタールとの第3戦は、日本にとって消化試合。だが、すでに東京五輪への出場が決まっていて、今大会を強化の一環と位置づける日本には無駄な試合はひとつもない。「カタールがどうこうではなくて、まずは今自分たちが持っているものすべてをぶつけていく、第1戦、第2戦の悔しさを選手たちがピッチ内で表現してくれることを期待しています」と森保一監督も力を込める。

 そのカタール戦。これまで起用していない選手を使うのか、それともコンディションを考慮したうえで現状のベストメンバーを送り出すのか、判断の別れるところ。とはいえ、起用していないということはフレッシュな状態でもある。フィールドプレーヤーで未出場の遠藤渓太と菅大輝はピッチに送り出すべきだろう。

 前線は1トップに小川航基、シャドーに田川亨介、遠藤を予想。彼らは1月5日に行なわれたサムットプラーカーンシティ戦の後半から起用されたセットだ。第1戦、第2戦では1トップにボールがなかなが入らなかったが、小川は「仕方のない面もある」と理解を示したうえで、自信を覗かせた。

「相手は5バック気味で固めてきたので、どうしてもFWにボールが入る時間が少なくなる。そこで、どれだけ我慢して、駆け引きを続けられるかが大事になる。チャンスは1、2回。それをモノにする力が自分にはあると思っている」

 ウイングバックは左サイドに菅。右サイドには、シリア戦で左サイドを制した相馬勇紀を試しておきたい。

 ボランチは初戦で好連係を見せた田中碧と田中駿汰のコンビ。3バックは渡辺剛が負傷したため、右ウイングバックの橋岡大樹を回す。中央は立田悠悟。左は同じく左ウイングバックの杉岡大暉をテスト。GKは3試合続けて大迫敬介ではないか。

 シリア戦に敗れ、グループステージ敗退が決定後、選手間ミーティングを行なった。そこで最も強く確認したのは、「最後にしっかりと日本のプライドを見せよう」ということだったという。小川が力を込める。

「最後に意地を見せたね、というようなゲームをしたい。そのためにいい準備をして迎えたいと思います」

 エースはゴールでチームに勢いをもたらせるか。カタール戦は国内組の意地とプライドを懸けた一戦になる。

取材・文●飯尾篤史(スポーツライター)
 

関連記事(外部サイト)