「偉大なチャンピオン」インテルのルカクがダービーを前に元同僚イブラへの想いを明かす!

「偉大なチャンピオン」インテルのルカクがダービーを前に元同僚イブラへの想いを明かす!

17−18シーズンにマンUで共闘したルカク(左)とイブラヒモビッチ(右)がミラノ・ダービーで激突する。 (C) Getty Images



 現地時間2月9日に、セリエA通算172回目となる伝統の「ミラノ・ダービー」が行なわれる。

 首位ユベントスを勝点差3で追いかける2位インテルと、チャンピオンズ・リーグ出場権獲得圏内の4位まで6ポイント差の8位ミランとの一戦。ミラノを二分する盛り上がりを見せるのは間違いない。

 スクデットのためには是が非でも勝点3がほしいインテルを牽引するのが、好調の主砲ロメル・ルカクだ。

 22試合で16ゴールと抜群の決定力を誇るベルギー代表FWが、現地時間2月4日にイタリアの大手メディア『Media Set』のサッカー番組『Tiki Taka』に出演し、マンチェスター・ユナイテッドで同僚だったミランのズラタン・イブラヒモビッチに対する敬意を明かした。
 
「偉大なチャンピオンであり、最高のプロフェッショナルだ」

 38歳のイブラヒモビッチが今冬に復帰したミランでさっそく活躍していることについては、「何の不思議もない」と語っている。

 ユナイテッド時代、ルカクがイブラヒモビッチとともに先発したのは1試合のみだった。それでも、トレーニングでは様々なアドバイスをもらったという。

「対戦が楽しみ」と話したルカクは、尊敬するイブラヒモビッチの前で成長した姿を見せられるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

関連記事(外部サイト)