ネクストジェネレーションマッチで町田加入のFW晴山岬が意地の一発! 「また埼玉スタジアムへ戻ってきたい」とさらなる高みを目指す!

ネクストジェネレーションマッチで町田加入のFW晴山岬が意地の一発! 「また埼玉スタジアムへ戻ってきたい」とさらなる高みを目指す!

ネクストジェネレーションマッチで、チームの2点目を挙げた高校選抜FW晴山(背番号18)。写真:徳原隆元



 2月8日に、ゼロックス・スーパーカップの前座試合、ネクストジェネレーションマッチが行なわれ、横浜F・マリノスユースが日本高校サッカー選抜を3−2で下した。
 
 高校選抜は、横浜ユースのトップチームさながらの攻撃的サッカーに苦戦し、終始主導権を握られる厳しい展開となった。2点を先取され、気落ちする選手もいるなか、前線で声を張り、チームメイトを鼓舞し続けていたのが、帝京長岡高のFW晴山岬だ。
 
「全体にはプライドを見せろってずっと声をかけていて、最後まであきらめないっていう高校サッカーらしさを最後まで出せたのは、良かったかなと思っています」
 
 ハーフタイムからから投入された晴山は、前線で常にハードワークをし続け、果敢にボールを呼び込む動き出しを繰り返していた。その成果が実り、1−3で迎えた試合終了間際の後半アディショナルタイム1分に、意地の一発をお見舞いした。
 
 GK佐藤史騎(青森山田高)からのロングフィードに、ペナルティエリア手前で競り勝ったDF長江皓亮がヘディングで前へ反らすと、そこに走り込んでいたフリーの晴山が右足で落ち着いてゴールに流し込んだ。選手権ではライバル同士だったふたりがゴール前まで繋いだホットラインを最後は晴山がしっかりと決めてみせたのだ。
 
「皓亮がヘディングに強いっていうのは分かってて、そこで競り合ってくれたから自分の方に(ボールが)転がってきたっていうのはあると思います。史騎もいいボールを出してくれて、(選手権)準決勝では宿敵だったんですけど、結果こうやって仲間になって、良いキックを蹴ってくれるっていうのは本当に良いなと思うので、みんなに感謝したいです」
 
 晴山は今季からJ2の町田でプロ生活をスタートさせる。チームのスタイルも変わり、今までやってきたFWとは違うポジションでもプレーすることになる。
 
「自分は(町田では)ボランチとかトップ下っていう役割があって、運動量だったり守備の強度が求められるポジションなので、どんどん自分が相手を潰しに行くことだったり、守備の意識を日々改善していきたい。日々の改善能力が大事だと思うので」
 
「J1リーガー、A代表になり、また埼玉スタジアムへ戻ってきたい」と力強く語った晴山。何度も口にした「成長」「進化」という言葉から、さらなる高み目指す意志がひしひしと伝わってきた。
 
取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】横浜ユース 3-2 高校選抜|“キャプテン翼”の2得点と星野のゴールで横浜ユースが勝利

関連記事(外部サイト)