「最悪の恥」「イブラ対インテル」「応援が辛い」「どう侮辱すべきかも…」ダービー大逆転負けにミラン・ファンが激怒!

「最悪の恥」「イブラ対インテル」「応援が辛い」「どう侮辱すべきかも…」ダービー大逆転負けにミラン・ファンが激怒!

インテルに大逆転負けしたミラン。(C)REUTERS/AFLO



 まるでジェットコースターのような展開にミラニスタは怒り心頭だ。現地時間2月9日のミラノ・ダービー(セリエA23節)でミランは、宿敵インテルに2−4で大逆転負けした。
 
 ミランは前半にズラタン・イブラヒモビッチが1ゴール・1アシストの活躍を見せて2点を先行。しかし後半は完全にペースを失い、4失点して大逆転を許してしまった。
 
 前半は完全に試合を支配していただけに、一気にミスが増えた後半は戦術面はもちろんメンタルの不備を露呈した格好。試合結果を伝えるミランの公式ツイッターには、世界中のミラニスタから手厳しい意見が飛び交った。
 
「最悪の恥だ。選手たちの大半はチームを去るべき」
「崩壊した。もう応援するのも辛い」
「どう侮辱していいのかもわからない」
「結局イブラヒモビッチだけ」
「イブラヒモビッチだけがミランのユニホームを着るに値する」
「サッカーの試合は90分の勝負。45分だけ良くても勝てない」
「イブラヒモビッチ対インテルだったな」
「イブラ、べナセル、レビッチを除けばジョークのような選手ばかり」
「ピオーリ監督はどこにいたんだ?」
「完全に自滅。1点返されただけでペースが乱れた」
「もはや完全にミラノ第2のチーム」
「なぜこんなにメンタルが弱いんだ」
 
 また、試合の流れが変わって以降も、ほとんど無策に近かったステーファノ・ピオーリ監督に対する批判も多く、「#PIOLIOUT」のハッシュタグや画像も溢れかえっている。
 
 重要な一戦を大逆転で落としたミランは、セリエAで10位と再び二桁順位に転落。4位アタランタとは勝点10差まで広がり、目標のCL出場権獲得はかなり厳しい状況に陥っている。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

関連記事(外部サイト)