【浦和】エース興梠も安泰ではない!? レオナルド、杉本…前線の争いが激化の予感

【浦和】エース興梠も安泰ではない!? レオナルド、杉本…前線の争いが激化の予感

興梠(左)、レオナルド(中央)、杉本(右)の関係性は良好。ただし一方で、争いも熾烈化の予感が漂う。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)



[ルヴァンカップ・グループステージ1節]浦和5−2仙台/2月16日/埼玉

 浦和レッズの前線では今季、激しいポジション争いが繰り広げられそうだ。

 今季から4-4-2システムを採用するチームは、開幕前のプレシーズンキャンプから様々な2トップの組み合わせをテストしてきた。

 そして迎えた今季初の公式戦、2月16日のルヴァンカップ・仙台戦(5−2で勝利)で先発したのは、加入2年目の杉本健勇と新加入のレオナルドだった。杉本が2ゴール、レオナルドが2ゴール・1アシストと全5ゴールに絡む活躍で好アピール。見事起用に応えてみせた。

 一方で、昨季チームトップのリーグ12得点を挙げた興梠慎三がベンチスタートで、結局このエースに出番が訪れなかったのは、驚きだった。
 
 大槻毅監督は「慎三に関しては、少し練習で負傷して、今週1日外れた。その分健勇とレオふたりが練習して良いコンビネーションが見られたので、良いものは使おうというところ」と、ふたりの先発起用の理由を明かしている。

 実際に試合でも杉本とレオナルドのふたりは互換性の高さを示した。シュートセンスが抜群のレオナルドがフィニッシュ役を担い、杉本は187aの長身を活かしてポストワーカーとして機能。レオナルドは「健勇選手は、慎三選手とは違って、体格を使ってボールをキープするタイプなので、距離感を大事にした。より近いところにいることによってコンビネーションが出来ると。そういう動きはプレシーズンから練習でやっていた」と手応えを口にした。

 毎年二桁得点をマークし続けてエースの座に君臨してきた興梠でも、今季は決してその座が安泰ではないだろう。杉本は「まだ1試合が終わっただけ」だと気を引き締めるが、少なくともこのルヴァンカップでは、興梠の座を脅かす活躍を見せ、好スタートを切ったと言っていい。

 ふたりの活躍によって、大槻監督にとって選択肢が増えたのは、嬉しい悩みだ。興梠を含めて「この3人はものすごくいい関係でやっている」という。
 

「それぞれの良さがまた違う。慎三はさらにボールを引き出すことができるし、収めることもできる。DFの背後を取ることができる。健勇は高さとモビリティがあり、そして守備の貢献もできる。レオもビデオで観ていた昨年の新潟の頃からイメージがまったく変わった。非常にアグレッシブに動き回って守備を頑張ってやってくれる。キャンプでは、逆に守備を頑張り過ぎているぞと指摘をしたくらいで。そういう部分も含めて彼はどんどん成長していると思う。この3人の組み合わせはたくさん試して、これからも試合で見ていきたいと思います」と指揮官は、各選手の特長に触れて、今後の起用について語る。

 さらに、「ただこの3人だけではない」とも言っている。
 
 興梠、杉本、レオナルド以外にも前線には、この日ベンチに入っていた創造性溢れるドリブラー伊藤涼太郎の他、さらに規格外のキャノンショットが魅力のファブリシオ、多彩な動き出しが光る武富孝介、献身的で推進力のある武藤雄樹ら現在は負傷で離脱中の実力者が多いのだ。

 リーグではトップクラスの層の厚さで、その分前線の組み合わせは幅広い。大槻監督が前線に誰をチョイスするのか。今季の浦和を見るうえで、前線のポジション争いが大きなポイントになるのは間違いない。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【ルヴァン杯GS第1節】浦和5−2仙台|新加入レオナルドが2ゴール1アシストの大活躍!!
 

関連記事(外部サイト)