「コロナウイルスではないが…」本田圭佑が発熱で練習を欠席。待望のブラジル・デビューは先延ばしに?

「コロナウイルスではないが…」本田圭佑が発熱で練習を欠席。待望のブラジル・デビューは先延ばしに?

ボタフォゴに入団して以来、順調に調整を進めてきた本田。このタイミングでの発熱は本人も痛恨だろう。 (C) Getty Images



 本田圭佑のブラジルでの公式戦デビューは、先延ばしになるかもしれない。

 現地時間3月9日、ブラジル1部にボタフォゴは、公式ツイッターを更新。本田が発熱したために8日の練習を欠席したと報告した。

「ケイスケ・ホンダは発熱のため、日曜日(3月8日)の午前中にエスタディオ・ニウトン・サントスで行なわれた練習に参加しなかった。いま、クラブのメディカルがホンダの状態を見ている」

 本田は、現地時間10日に本拠地で開催予定となっていたコパ・ド・ブラジル3回戦のパラナ戦で公式戦デビューを飾ると見込まれていた。しかし、今回の発熱によって、試合に向けたコンディションが整うかどうかが怪しく、“お披露目”は流れる公算が高そうだ。

 手痛いのはボタフォゴだ。本田のデビューに向けてホームページ上で、「さぁみんなで一緒に行こう」と会員向けチケットを大幅に値下げし、大々的に売り出していた。

 ブラジル・メディアも本田の状態を危惧している。国内最大ネットワークを誇る『Globo』は、「ホンダはすでに検査を受け、コロナウイルスの可能性は排除されている」としつつ、次のように伝えた。

「ホンダが火曜日のパラナ戦でデビューを飾れるかはだいぶ疑わしい。マーケティングを取り仕切るリカルド・ローテンベルグ副社長は、彼がコロナウイルスではないことをSNSで強調しているが、風邪を引いたことは認めている」

 現地情報をまとめる限り、本田のパラナ戦の出場は現状では厳しそうだ。そうなれば、元日本代表MFを目当てにチケットを購入した地元サポーターから非難の声が上がる可能性もあるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)