「入りがやっすい芸人やないか」香川と岡崎の”ダブルシンジ”がファンも爆笑のトレーニング動画を公開!

「入りがやっすい芸人やないか」香川と岡崎の”ダブルシンジ”がファンも爆笑のトレーニング動画を公開!

日本代表を長らく支えていた、香川(左)と岡崎(右)。(C)SOCCER DIGEST



 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国の学校で休校措置が続くなか、JFA(日本サッカー協会)は、室内でも取り組むことで健康の維持、促進につながる、動画コンテンツを3月11日から配信している。

 育成年代で必要な動きづくりを徐々にステップアップしながら取り組んでいく個人向けプログラムのほか、プロサッカー選手たちによるコンテンツも充実している。

 これまでに、本田圭佑や、冨安健洋、乾貴士、小林祐希、長友佑都、柴崎岳、菅原由勢など、日本を代表するサッカー選手たちが登場している。

 JFAの公式ツイッターで3月13日に投稿された動画では、岡崎慎司と香川真司の「ダブルシンジ」が、2人で登場した。

 動画内では、「真司です」、「慎司です」と芸人さながらのノリで登場すると、一転、香川が「日本全体に明るさがなくなってきているなと。これから家でできる何か」と神妙な顔で話し出す。するとすかさず岡崎がツッコミを入れ、二人で和気あいあいと、『しりとりリフティング』を紹介した。
 
 この投稿にファンからも笑い声が伝わるような、以下のようなコメントが寄せられた。

「入りがやっすい芸人やないか」
「有難う、ダブルシンジ」
「大人だけど 楽しめました」
「元気頂きました」
「二人で楽しそうにやっているのがとっても微笑ましい」
「誰かを楽しませるには、まず自分からですね」
「仲良すぎ笑」

 岡崎の所属するウエスカと、香川が所属するサラゴサはスペインのアラゴン州に属するご近所。とはいえ、すぐに駆け付け二人で息の合った掛け合いを披露するなど、日本代表を支えてきた二人の絆が窺えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)