「ただ君たちに元気でいてほしい…」クロップ、プレミアの緊急中断を受けてサポーターへ“愛のメッセージ”

「ただ君たちに元気でいてほしい…」クロップ、プレミアの緊急中断を受けてサポーターへ“愛のメッセージ”

プレミアリーグの決断に対してクロップ監督(右)は支持する意向を示した。 (C) Getty Images



 現地時間3月13日、イングランドのプレミアリーグは、新型コロナウイルスの感染拡大のため、4月3日まで全公式戦を延期すると発表した。

 この緊急決定を受け、プレミアリーグで首位を独走しているリバプールの指揮官ユルゲン・クロップは、「今はいちサッカー監督の考えが重要な時ではないが、サポーターがクラブのコメントを期待していると思うから、それに応えたい」とクラブ公式サイトで声明を発表した。

「何よりもまず、我々は互いを守るためにはどういったことであれ、実行をしなければならない。『社会的に』という意味でね。これは人生のどの局面においても言えることだが、今の状況下では、それがより重要な意味を持つことだと私は考えている。前も言ったように、フットボールは常に、優先事項が低い物事の中での、とても重要なものだ。ゆえに、今日、現在においては、フットボールとその試合は全く重要ではないんだ。

 もちろん、無観客のスタジアムではプレーしたくないし、試合やリーグの延期や中止はしたくない。しかし、たった1人でも健康であることの助けになるのなら、そうすることに何もためらうことはない。サッカーと社会の利益の選択であれば、全く比べものにならないんだ」
 

 何よりも人々の健康を強調した指揮官は、「プレミアリーグの決定は人々の安全を守ることを目的に実施されている。我々は全面的にサポートする」と延期を支持。そのうえで、悲願である30年ぶりのトップリーグ制覇を待ち望むサポーターたちへメッセージを送った。

「私やチームから愛するサポーターに向けてのメッセージは、ただ君たちに元気でいてほしい、それだけだ。何よりも健康を最優先にしてほしい。そして、あらゆる感染リスクを避けて欲しい。そして、私たちの社会で弱い立場にいる人たちのことも気にかけ、思いやりを持った行動をしてほしい。どうか、身体を大事に、そして、互いに気遣いあっていこうじゃないか」

 プレミアリーグはリーグ再開について、「期限となる4月3日時点での医療的助言や状況次第」としており、一部ではシーズンの中止と無効も指摘されている。そうしたなかで、何よりもサポーターの安全を慮ったクロップ監督の声は、胸に響くものがある。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)