【安永聡太郎】王者リバプールはなぜアトレティコに敗れたのか? 勝負を分けた「2つのポイント」を徹底解析!

【安永聡太郎】王者リバプールはなぜアトレティコに敗れたのか? 勝負を分けた「2つのポイント」を徹底解析!

伏兵ジョレンテ(左から2人目)の2発に沈んだリバプール。プレミアで首位を独走する王者はなぜ敗れたのか? (C)Getty Images




 3月12日にアンフィールドで行われた欧州チャンピオンズ・リーグ(CL)のラウンド・オブ16「リバプール対アトレティコ・マドリー」のセカンドレグ、勝敗を分けたポイントは2つあったと考えています。

 まずひとつ目は、敵陣深くにボールがある場合は間延びして戦うことを選んだアトレティコの戦術です。あんな姿は久しぶりに見ました。彼らが徹底していたのは、ディフェンスラインの背後にリバプールの3トップを走らせるスペースを与えないこと。だからといって、全体がブロックを作りながらズルズルと引いていったわけではなく、前線はパスコースを限定させながらきちんとプレスをかけていました。

 要するに、リバプールの攻撃を分散して単発で終わらせるために、あえて自分たちから間延びして戦う戦略を採ったのだと思います。

 はじめからコンパクトに戦ってしまうと、リバプールとの中盤の攻防時に二次攻撃、三次攻撃を受ける可能性が高くなってしまいます。クロップ監督の基本戦術は圧倒的な攻守の切り替えによるゲーゲン・プレスにありますから。これを機能させることなく、選手を分断させるため、シメオネ監督は「わざと間延びする」ことを選びました。
 
 リバプールからすれば、ボールを奪われた瞬間に発動するポジショナルプレーによるゲーゲン・プレスと中盤での攻守の入れ替わりによるカウンターを制限された状況を作られていました。それはシメオネ監督がアトレティコの守備を間延びさせたからです。これがこの試合最大のポイントだったと、私は見ています。

 もちろんマイナス面もあります。まずショートカウンターが生み出せないこと。それから、敵陣でのスローインで圧力をかけられないことです。2失点が敵陣のスローインから簡単に運び出されて生まれたのはこのためです。

 相手にいい状態でボールを持ち運ばれても、アトレティコの「4-4-2」のブロックは強固です。3トップの走るスペースを消してしまえば、“ここ最近”のリバプールならうまく対応できると、私は踏んでいました。個人的には、やられるならMFヴァイナルダムだろうな、と。

 昨年のバルセロナ戦のように後方からスッーとスペースに入り込んでくるイメージ。これに対して「アトレティコがどう対応するかな」とゲーム中に見ていましたけど、前半早々にヘディングシュートを一本打たれました。GKオブラクがキャッチしましたが、「やっぱりそこはヘディングされるんだ」と思いました。

 私は「アトレティコはFWジエゴ・コスタを先発させる」と読んでいました。相手とガチャガチャやりあって前線でがんばるのは、モラタよりも適任だからです。彼はいい意味で相手に間違いを起こさせることができます。それから、直前のセビージャとのリーグ戦でスタメン起用したジョレンテを先発させて、「中盤にボランチを4枚並べるんじゃないか」と予想していたけど、右サイドにはアタッカーのコレアを使ってきました。

 しかも、スタート時の中盤の配置は、最近減ってきている本来サイドハーフのコケを真ん中にして、いつもはボランチのサウールを左サイドに置く形でした。並びは左からサウール、トーマス、コケ。普段どおりなら、コケをサイドに据えるはずなんです。しかし、前半の「27分46秒」のスローインで、シメオネ監督はキャプテンのコケに指示を送り、サウールとポジションを入れ替えました。いつもの形に戻したんです

 どうしてこの試合に限って、シメオネ監督はコケを中央に起用したのか?

 ここにシメオネ監督のこの試合における戦略が詰まっています。まず、彼の頭の中では「前半をどう乗り切るか」が大きな目標としてポイントにあったと思います。とにかく早い時間帯での失点は避けたい。このゲームを2回見直しましたけど、スタート時の並びに対して戦術的な意図はないように見えました。

 つまり、コケが真ん中にいることで「明らかにいつもと違う守備をしているのか」と問われたら、特にないんですよね。

 また、攻撃時もサウールが下りてきてトーマスとコケとでトリプルボランチ気味になり、両サイドバックが高い位置を取っていました。そのとき、Jフェリックスとコレアが2シャドーのようになっていました。「2-3-2-2-1」のような可変システムになるのですが、だったら通常時のサウールがボランチのときにこれができないかと聞かれたらできるんですよね。

 でも、この采配が試合結果につながっていくんです。
 
 シメオネ監督の試合中の声かけや仕草に目を向けると、ずっとコケに指示しています。要するに、「自分の声が通る場所にコケを置いておきたかった」のではないか、と。監督就任以来ずっと使い続け、いまではキャプテンを任せている選手です。立ち上がりから「どうなるか行方がわからない」この試合では、自分の代弁者であるコケを近くに置いておきたかったのではないか、と。

「前半30分」という重要な時間に、自分の指示一つでその意図を汲み、チーム全体にそれを一本通すことができる選手を近くに置いておきたかった。

 だから、コケを右のボランチにしたのだと思います。あくまで私の想像ですが、それ以外に適当な答えが見出せませんでした。30分以降、コケが左サイドに移ってからはいつもどおりゲームが進んでいく中で、シメオネ監督は事前に用意した戦略と目の前で起きている試合状況とをかけ合わせて采配を振るっていました。

 結局は前半終了間際に失点しましたが、ハーフタイムを挟むのでチームとして心の修正ができるんです。延長の末、アトレティコが勝ったので、結果からすればシメオネ監督のスタート時の采配は当たったということになります。

 もちろんすべてを事前に予想して読んでわかっていたわけではありませんが、少なくとも「前半30分を無失点で乗り切ればなんとかなるのではないか」という希望的観測は達成できたわけですから、やはりCLを勝ち抜くには監督の力は大きいと実感しました。
 

 もうひとつのポイントは、この試合に限ってはGKの差が出たなと思っています。

 リバプールはアリソンがケガをして、控えのGKアドリアンが入っていました。一方、アトレティコはいつもどおりオブラクがゴールマウスを守り、前半から際どいクロスを正確に対応していましたし、何度もシュートブロックをしていました。「ゴールを守る」というGKの資質、能力の高さを普段どおりに発揮していました。正直、彼は現代サッカーに求められる「攻撃における最初の選手」としての資質はそこまで高くありません。そこにおいてはロングキッカーですから。

 ただ、この点はシメオネ監督のサッカー哲学とも重なりあっていて、「フットボールはミスのスポーツ」だということを前提に、ボールが自陣にあるときには、ゴールから遠ざけるプレーがアトレティコにとっては最優先事項なわけです。そうすると常に「相手陣内にボールがあったほうがいいよね」という原則をもと、シメオネ監督の中では「最終ラインでボールを持つことがいいことではない」わけですから、オブラクがあまりつながずにロングキックを蹴るのはOKなんです。

 なぜならGKがボールを足で扱えばミスは起こるし、審判がどんなところで笛を吹くかもわからないから。だから、サイドにボールを、前にロングボールを蹴り出すことは「問題ないこと」にしています。アトレティコは10人のフィールドプレーヤーに1人のGKがいるというサッカーです。
 
 一方のリバプールは、「GKが11人目のフィールドプレイヤーでなければいけない」というサッカーです。だから、昨シーズンにGKとしてもフィールドプーイヤーとしても優れているアリソンを獲得しました。

 リバプールが決めた2点目のGKの対応が2つ目の大きなポイントになったと踏んでいるのですが、左サイドからキーパーに戻ってきたボールをアドリアンは右CBのゴメスに結構際どいボールをつないだんです。

 そこに対してジョアン・フェリックスがプレスに行ったのですが、ゴメスはそのボールをいとも簡単にさばきました。パス自体はバウンドしていたし、ペナルティーエリアの脇あたりだったのでかなりシビアなボールでした。でも、軽くコントロールして持ち出し、ヴァイナルダムにつけました。そして、ヴァイナルダムはプレスをかけてきたオリジをスッと交わしてそのままサイドでボールを運びました。

 結果、彼がクロスを入れてゴールが生まれるんですが、私はたぶん「アドリアンがキーパー心理としてそのゴールまでの一連のプレーが忘れられず、気持ち良くなったんじゃないかな」と感じるんです。

 これは仕方ない。それはリバプールのGKである以上は11人目のフィールドプレーヤーでなければいけないし、正GKのアリソンは非常にうまいですから、アドリアンにとっては「自分もいいところを」が形になったのですからね。でも、そこがリバプールの1失点目のシーンにつながるんです。

 アドリアンに戻って来たボールを左サイドバックがフリーであるにもかかわらず、なぜか中央の狭いところに刺し込もうとしたんです。たしかにジョアン・フェリックスがプレスに反応しなければ、確実にその後ろにいた3人の味方がいたことになるので「そこからまた攻撃に移ろう」ということになるんですが、あのシーンでは確実に左サイドへとボールを展開するか、大きく蹴り出すかの対応を取り、安全にゲームを進めるべきでした。

 あのシーンはやはりその前の2ゴール目で「自分のパスから点が生まれた」という気持ち良さが作用しているのではないかと、解説者としてはちょっと深読みしています。ただしGK心理として「オレもこれくらいできるんだ」という何かが働くことは理解できないことはない。

 こういうレベルの試合は「ひとつの心理が大きく勝敗を分けるんだな」と、このポジションの難しさ、奥深さを学んだ気がします。
 

 リバプールの1失点目と2失点目のシーンをよく分析してみると、アドリアンのGKとしての能力には疑問が残ります。

 1失点目はアトレティコのMFジョレンテがフリーでシュートを放っています。彼の前には守備が誰もいなかった状況です。GKにとってはシュートコースが一切塞がれていないような状況でした。その中で、アドリアンはジョレンテがシュートを打ったあとにボールが数メートル進んでいるのにもかかわらず、そのタイミングで大きなプレジャンプを始めたんです。だから、シュートに対して全くタイミングが合わず、腰砕けの状態でボールがゴールに入りました。明らかにミスというより能力の低さを露呈してしまったシーンです。

 さらに2失点目もアトレティコのジョレンテが放ったシュートへの対応の悪さが出ています。守備が右足で打たせたのも問題ですが、アドリアンはシュートの直前まで小さなステップを踏んでいるんです。今度はボールに跳べていますが、ステップのタイミングが悪い。シュートを打つタイミングには地面に足がついていないとボールにアタックするパワーが足りませんよね。シュートが飛んでいるのにステップを踏んでいるから反応が遅れてしまいます。
 
 これは相手GKのオブラクと比較してもらえたらよくわかります。

 彼は余分なプレジャンプをしないし、常に脱力した状態で地面に足をつけてシュートのタイミングをはかっています。試合を見直してもらったらわかるのですが、私たちの現役の頃からアドバイスをされている「ボールに対して斜めにアタックしなさい」ということを、オブラクは状況に合わせて忠実に守っています。

 要は、シュートセーブはゴールに平行に飛ぶのではなく、ボールに対して飛ぶ。

 オブラクはそのことを驚くほど的確に遂行しています。前半から結構際どいシュートやセンタリングが何本も飛んできているのに、冷静に基本に忠実に対応していました。はじく方向もすばらしく、相手にボールが渡っていませんしね。余分な動作がないし、我慢できるからこの試合については「キーパーの差が出てしまったな」と私自身は感じています。

 たらればですが、もしアリソンがいればリバプールが勝っていたんじゃないかな、と思います。個人的なことを言えば、私はリーガのファンだけど、リバプールをCLでもっと見たかった。でも、これはこれで楽しみもあります。次あたりで、今シーズン注目しているアタランタとアトレティコが対戦してくれたら戦略、戦術的にとてもおもしろいですね。

分析●安永聡太郎
取材・文●木之下潤

【分析者プロフィール】
安永聡太郎(やすながそうたろう)
1976年生まれ。山口県出身。清水商業高校(現静岡市立清水桜が丘高校)で全国高校サッカー選手権大会など6度の日本一を経験し、FIFAワールドユース(現U-20W杯)にも出場。高校卒業後、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加入し、1年目から主力として活躍して優勝に貢献。スペインのレリダ、清水エスパルス、横浜F・マリノス、スペインのラシン・デ・フェロール、横浜F・マリノス、柏レイソルでプレーする。2016年シーズン途中からJ3のSC相模原の監督に就任。現在はサッカー解説者として様々なメディアで活躍中。
 

関連記事(外部サイト)