「公正かつ合理的だ」リバプールのプレミア制覇に暗雲。今季絶不調のトッテナムとウェストハムが“無効化”を主張!

「公正かつ合理的だ」リバプールのプレミア制覇に暗雲。今季絶不調のトッテナムとウェストハムが“無効化”を主張!

怒涛の勢いで勝ち進め、今シーズンのプレミア優勝をほぼ手中に収めていると言っていいリバプールに、2クラブがケチをつけた。 (C) Getty Images



 サッカー界は大きな混乱に陥っている。今冬、全世界規模で蔓延している新型コロナウイルスの影響によって、ついには欧州の5大リーグが国内における公式戦の中断もしくは延期を発表した。

 とりわけ物議を醸しているのが、イングランドのプレミアリーグだ。現地時間3月13日にアーセナルのミケル・アルテタ監督が新型コロナウイルスに感染したことが判明するなど、各クラブに陽性反応者が続出したため、緊急会議を行ない、4月3日までの全公式戦の延期を決めた。

 現時点で正式な再開の目途は立っていないが、今シーズンの“決着”をいかに付けるかが、早くも問題となっている。

 今シーズンのプレミアリーグは開幕からリバプールが快走を続け、第29節終了時点で、2位のマンチェスター・シティに25ポイント差を付けている。そのために英紙『Telegraph』によれば、先に行なわれた緊急会議でも大半のクラブがレッズの30年ぶりとなるトップリーグ制覇に異議を唱えなかったという。

 しかし、イギリス人ジャーナリストのマーティン・リプトン氏が自身のツイッターで伝えたところによれば、緊急会議において、「2つのクラブが今シーズンの中止と成績の無効化」を提案したという。

 このつぶやきを受け、英メディア『Givemesport』は、その2クラブが、トッテナム・ホットスパーとウェストハムだと報じた。前者は来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権内の4位からは7ポイント差の8位、後者は降格圏の18位と同勝点(27)の16位と、いずれも不振に喘いでいる。

 とりわけ2部降格の危機に瀕しているウェストハムは、クラブ関係者がシーズンの無効化を訴えたことを認めている。カレン・ブレイディ副会長が、英紙『The Sun』のコラムにおいて、「リバプールには申し訳ないけれど、シーズンがすぐに再開できない場合は、無効にすべき」と綴ったのだ。

「プレミアリーグは3週間後にリーグが再開できると考えているが、それは夢物語に近い。EUROを延期にすることで、シーズンを夏に終わらせる時間が与えられる可能性があるけど、それも『もしも』の話にすぎない。

 今のままではプレミアリーグとチャンピオンシップ(2部)が大きな影響を受けることになるため、すぐに行なうべき唯一の公正かつ合理的なことは、シーズンを無効にすると宣言すること。たとえ、リバプールが30年ぶりの優勝を逃す打撃を受けようとね。

 もちろん、放映権料や試合の収入、選手やスタッフの給料っていう問題や損失はあるけれど、それは人々の健康や幸せに比べたら些細なものにすぎないわ」

 一部では、第二次世界大戦のために打ち切りとなった39-40シーズンに次ぐ長さの中断が指摘されているプレミアリーグは、いかなる形で決着が付くのだろうか――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)