DF3人が感染のバレンシアが衝撃の声明!クラブ関係者の35%が「陽性」と発表

DFエセキエル・ガライら3人が新型コロナ感染のバレンシア、関係者35%が「陽性」と発表

記事まとめ

  • DF3人とクラブスタッフ2人が新型コロナに感染したバレンシアの関係者35%が陽性だった
  • 現時点では感染者全員が無症状で、医療チームの監視の下、自宅で隔離されているよう
  • 感染したDFはエセキエル・ガライ、ホセ・ルイス・ガヤ、エリアキム・マンガラの3人

DF3人が感染のバレンシアが衝撃の声明!クラブ関係者の35%が「陽性」と発表

DF3人が感染のバレンシアが衝撃の声明!クラブ関係者の35%が「陽性」と発表

バレンシアではガライ(左)、ガヤ(右)、マンガラの3人が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになっている。(C) Getty Images



 衝撃の事実が明らかになった。

 15日にエセキエル・ガライ、ホセ・ルイス・ガヤ、エリアキム・マンガラのDF3人とクラブスタッフ2人の計5人が、新型コロナウイルスに感染したことが判明したバレンシアが翌16日、公式声明を発表。検査の結果、クラブ関係者の実に35パーセントが「陽性」だったことを明かした。

 反響の大きさを考慮してか、具体的な感染者数は公表されていないが、新たに選手が陽性となった可能性も当然考えられる。

 クラブの発表によると、今年2月19日に行なわれたチャンピオンズ・リーグのアタランタ戦でミラノを訪れた際、細心の注意を払ったにもかかわらず、数日後にイタリア当局によって「リスクが高い」と認められることになるエリアに入ったため、約35パーセントが陽性になる事態に至ったという。

 現時点では全員が無症状であり、医療チームの監視の下、自宅で隔離されているようだ。
 
 ラ・リーガは現在、28、29節の2節分のみの延期が発表されているが、事ここに至っては、当面の間バレンシアが試合をするのは困難だろう。スペイン国内でも加速度的に感染者が増えており、リーグ戦のさらなる延期は避けられそうにない。

 選手やスタッフの症状が重体化しないのを祈るばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)