「腹筋さすがです」「3秒で足をつりました」柴ア岳からの”挑戦状”動画にファン驚き!

「腹筋さすがです」「3秒で足をつりました」柴ア岳からの”挑戦状”動画にファン驚き!

「手洗い啓蒙動画」に続いて、JFAの動画コンテンツに登場した柴ア岳。(C)Mutsu FOTOGRAFIA



 新型コロナ禍で休校やクラブの活動中止が続く育成年代に向け、日本代表の選手たちらが、室内でも取り組むことができるトレーニング動画を配信している。

 3月16日、YouTubeのJFA(日本サッカー協会)チャンネルに「皆さんの挑戦を待ってます!」と全国のサッカー少年少女へチャレンジ動画を投稿したのは、デポルティボに所属する柴ア岳だ。

 柴アからの”挑戦状”は、どれだけ長くボールの上で足をつかずに姿勢をキープできるかというバランスゲーム。日本代表MFは、室内でボールの上に座り、腹筋をしているような恰好で両足を上げた姿勢をキープし、タイムは1分3秒だった。
 
 このYouTubeチャンネルや、JFA公式のTwitterには、ファンから以下のような驚きのコメントが寄せられた。

「絶妙なバランス感覚と腹筋さすがです」
「シュールだ。でも好きだ」
「めっちゃ体幹要りそう」
「3秒で足をつりました」
「小学生の頃ボールに座るなって言われた笑」
「足がキレイ」
「セクシーですね」

 この強靭な体幹があるからこそ、柴崎はピッチ上で華麗なテクニックを披露できるのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)