本田圭佑がデビュー戦で見せた「プロフェッショナルな行動」にブラジル人記者が賛辞!「チームをひとつにした」【現地発】

本田圭佑がデビュー戦で見せた「プロフェッショナルな行動」にブラジル人記者が賛辞!「チームをひとつにした」【現地発】

PKで初ゴールを決めるなど上々のブラジル・デビューを飾った本田。(C) REUTERS/AFLO



 3月15日に、本田圭佑は待望のブラジル・デビューを飾った。とりわけ前半のパフォーマンスは素晴らしかった。

 だが、このバングーとの一戦が始まるから、ボタフォゴがこの33歳のベテランMFを獲得したのは英断だったと私は思っていた。彼のサッカーに取り組む真摯な態度、熱心にトレーニングをする姿は、若いチームメイトたちの手本となっているからだ。それだけでも、ボタフォゴはこの“賭け”に勝ったのではないかと思う。

 29分に本田がPKを決めると、新型コロナウイルスも恐れず、皆が駆け寄ってハグをした。GKのロベルト・フェルナンデスでさえ、ゴールから飛び出してきた。
 


 この時、本田はとてもプロフェッショナルな行動を見せた。PKを獲得したFWラファエウ・ナバーロを抱き寄せ、ゴール裏のカメラに向かって彼を称えるポーズをしたのだ。「初ゴールは、こいつのおかげでできたんですよ」と言わんばかりに。

 本田がこうしてチームをひとつにした。

 ボタフォゴはここ数か月苦しんできた。結果が出せず、監督は更迭され、選手はブーイングされた。おまけにクラブの財政状況も火の車だ。

 しかし、新監督のアウトゥオリが的確な指示を出し、本田が自信を取り戻させた。63分間のプレーだったが、彼がこのチームのリーダーであることは、はっきりと見て取れた。

取材・文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

関連記事(外部サイト)