DAZN配信のTMは札幌が4-2で鹿島に逆転勝ち。イエローカードが飛び交う激闘…日本代表FW鈴木が2得点の活躍

DAZN配信のTMは札幌が4-2で鹿島に逆転勝ち。イエローカードが飛び交う激闘…日本代表FW鈴木が2得点の活躍

ヘディングシュートとFKで2ゴールを挙げた鈴木。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 トレーニングマッチの鹿島アントラーズ対北海道コンサドーレ札幌が3月21日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、4-2で札幌が逆転勝利を収めた。この試合は、DAZNによって映像配信された。

 試合はともに、主力がスタメンに名を連ねた。鹿島は今季加入の新助っ人ファン・アラーノとエヴェラウドを2トップで起用。一方の札幌は前線に日本代表の鈴木武蔵、タイ代表のチャナティップ、さらにアンデルソン・ロペスが入った。

 前半は互いに前線からの守備が機能し、ショートカウンターからチャンスを作ったもののノーゴールで終了。すると後半は、球際での戦いが激しくなりイエローカードが飛び交う展開に。それとともにゴール前での局面も多くなり、計6得点が入る撃ち合いとなった。

 まずは立ち上がりの49分に三竿健斗からの縦パスに反応したファン・アラーノがDF一人をかわして流し込み鹿島が先制。すると63分、今度は札幌が反撃。白井康介からのクロスに鈴木武蔵が頭で合わせネットを揺らす。しかし直後に、鹿島がCKのチャンスを掴み、ファン・アラーノのクロスから町田浩樹がヘディングシュートで再び勝ち越し。

 1点ビハインドの札幌は、ここから猛反撃に出る。77分、鈴木武蔵が自らファウルを受けて得たFKを直接ねじ込み同点。さらに残り5分となって、後半途中に投入されたジェイが、やはり途中出場のルーカス・フェルナンデスからのクロスからヘディングで2得点。結局、札幌が4-2で逆転勝利を収めた。

 後半に計6得点が入る白熱の撃ち合いが展開された試合は無観客試合で行なわれ、マイクが普段は聞こえないピッチ内の選手やレフェリーの声も拾うなど、リアリティのある中継となっていた。

 またトレーニングマッチは現在、3本目が行なわれている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)