総勢14名はJリーグ屈指! なぜガンバ大阪はOBたちの“帰還”を推進するのか

総勢14名はJリーグ屈指! なぜガンバ大阪はOBたちの“帰還”を推進するのか

左上から時計回りで、松波、宮本、明神、藤ヶ谷、森下、山口の各氏。現在のガンバには総勢14名のOBが籍を置いている。(C)SOCCER DIGEST



 何年かぶりに、懐かしい顔と再会した。

 柏レイソル、ガンバ大阪、名古屋グランパスと渡り歩き、昨年末、AC長野パルセイロで現役生活にピリオドを打った明神智和である。42歳とは思えない清々しい笑顔を見せ、新しいチャレンジに胸を躍らせている様子だった。今季から古巣ガンバに舞い戻り、指導者としてのキャリアをスタート。いきなり名門ジュニアユースのコーチに抜擢登用されたのだ。

 指導者ライセンスはすでにB級まで有しているが、実際のコーチ経験は皆無に等しい。そんな明神が、中学1年生のチームを担当する。関西全域のジュニア年代でお山の大将だった少年たちが、晴れて正式にJリーグ下部組織の一員となる難しいタイミング。Jリーグで確固たるキャリアを築き、日本代表としても奮闘した名ボランチは、まさにピッチ内外でプロの鑑だった。その人間性こそが、U-13チームの指導者に問われる不可欠な資質なのだという。2015年に宮本恒靖がガンバに帰ってきた際も、まずはU-13の指導を託された。

 かつてガンバのトップチームで名を刻んだOBたちが、次から次へと帰還を果たしている。今季は前述の明神が吹田に到着し、昨季はJクラブでの監督経験が豊富な森下仁志がU-23監督に、高木和道がユースコーチに就任した。現在クラブに籍を置く、トップ経験のあるOBは14名にのぼる。その顔ぶれと役回りは以下の通りだ。

和田昌裕(55歳/強化アカデミー担当参与)
島田貴裕(55歳/ユース監督)
森下仁志(47歳/U-23監督)
松波正信(45歳/強化アカデミー部長)
松代直樹(45歳/トップGKコーチ)
宮本恒靖(43歳/トップ監督)
明神智和(42歳/Jrユースコーチ)
山口 智(41歳/トップヘッドコーチ)
高木和道(39歳/ユースコーチ)
藤ヶ谷陽介(39歳/JrユースGKコーチ)
児玉 新(37歳/トップコーチ)
青木良太(35歳/強化アカデミー部スカウト担当)
中山悟志(38歳/強化アカデミー部スカウト担当)
大塚翔平(29歳/ジュニアコーチ)

 
 町中大輔や與貴行、安本真哉らトップ昇格を果たせなかった下部組織経験者を含めば、その総数はゆうに20名を超える。昨季はFCティアモ枚方(関西1部リーグ)に籍を置くOBコンビ、二川孝広と岡本英也もジュニアスクールで指導にあたった。

 鹿島アントラーズや浦和レッズなどもOBが多いクラブだが、チーム強化の中枢にこれだけの数のOBを据えているのは、なかなかレアなケースだ。
 どちらかと言えば、ガンバはOBに対して冷たいクラブだった。数年前までクラブ内で仕事に従事するOB(プロ経験者)は数人程度で、そもそもそこに重要性を見出してもいない。引退や退団のセレモニーは実施しても、鹿島のようにテストモニアル(引退記念試合)などは開催されなかった。

 流れが変わったのは、やはり生え抜きでアイコンだった宮本の帰還だろう。2000年代まで隆盛を極めていたアカデミーを改革すべく、クラブとしてのDNAを受け継ぐOB──とりわけ下部組織出身の生え抜き──の存在がクローズアップされるようになる。OB採用を推進したのが、現在トップチームとアカデミー部門の強化を司る松波正信GMだ。同じく2018年1月に、5年ぶりの復帰を遂げていた。

 元ミスターガンバは「あえて(OBを)獲りに行っている」と豪語する。復帰早々に「ガンバOB会」を設立。盟友・木場昌雄の協力を得ながらOB間の交流を活発化させ、つぶさに個々の状況をチェックしている。昨年に18年ぶりのガンバ復帰を果たした森下は、「根気よく(松波が)誘ってくれた。僕が住んでいる九州まで口説きに来てくれて、やっぱり嬉しかったですよ」と回顧する。

 もちろん、闇雲にOBを獲得しているわけではない。ましてやセカンドキャリアのスタート地点として、路頭に迷いそうなOBを救済しているわけでもない。その人選はシビアだ。松波とクラブが目ざしているのは、2年連続で採用したスローガン『GAMBAISM(ガンバイズム)』の具現化である。これをバルセロナのように、ジュニアからトップに至るすべてのカテゴリーに共有・浸透させるのが狙いだ。

 クラブの公式見解によると、『GAMBAISM』は「ボールを保持しながら相手を圧倒し、アグレッシブにゴールを奪う」もの。つまりは、西野朗政権下で「4点取られても5点取って勝ち切れ!」と発破をかけられた選手たちが築き上げた、黄金期の超攻撃的スタイルである。

 復活させたいのはそれだけではない。どこかマンネリ化していたアカデミーの改革にも着手し、トップで活躍できる選手を育て上げる新たなシステムを構築しようと躍起だ。

 トップチームを率いる宮本は、OBが多い利点を次のように見ている。

「OBがコーチングスタッフにいるのは、同じサッカーを目ざすうえでベースになる。練習のメニューを作成するにしても、やはりそこは相通ずるところが多いですからね。そしていま、このカテゴリーの監督をやっててあらためて感じるのが、アカデミーの重要性。そこにも明神や和道のように新たにOBが加わって、自分たちのサッカーがなんなのかを早い年代から伝えてくれている。なんとかそこから、優秀な選手が育ってきてほしい」

 
 当然、すべてのOBが有能ではないだろう。向き不向きはどうしてもあるわけで、プロの世界である以上、ぬるま湯であってはならない。

 その意味で、ガンバは外部の血も積極的に取り入れている。昨年は、史上最年少でS級ライセンスを取得した宮原裕司をU-23コーチに招聘した。30代後半にしてアビスパ福岡のアカデミー部門を統括する立場にあった敏腕を引き抜いたのだ。さらに今年は、横浜F・マリノスの育成部門で要職を歴任した坪倉進弥をアカデミーダイレクターに迎えた。重要項目であるユース改革の最高責任者に、言うなれば“外様”を指名したのである。

 宮原は今季からトップのコーチに昇格して、さっそく存在感を高めている。かたや坪倉は松波GMとともに育成年代における『GAMBAISM』を構築すべく、トップチームのスタッフの意見も取り込みながら、急ピッチで革新へと邁進している。

 もしOBたちが彼らを受け入れず、能力を引き出せないならば、いずれはただの慣れ合い集団に落ちぶれるだろう。だが宮原も坪倉も明るく自発的なアクションを起こせる人材で、クラブカラーとの相性がすこぶる良い。ここまでのところ、相乗効果は明白だ。
 誰も彼もが、ガンバ愛を貫いてクラブにとどまり続けるものではない。指導者としてのキャリアプランは人それぞれで、ガンバが最終目的地ではないのかもしれない。ただ、会話を交わすOBたちのモチベーションは尋常ではなく高かった。浪速の雄に栄光をもたらしたい、Jリーグの頂点に返り咲かせたいとの想いが、途轍もなく大きな原動力となっている。

 宮本は言う。

「いまはまだ、スタッフ全員が同じ絵を描けているわけではないと思う。でもこれからそこはどんどん明確になっていくはず。ずっと一緒にやってましたから、ベースのところでズレがない。話をしてても、個々で局面によってここが違う、あそこが違うはもちろんあるけど、立ち返るベースが一緒ですからね。そこが大きいんですよ」

 Jリーグ創設からのオリジナル10ながら、当初はお荷物クラブと揶揄された。地道なアカデミー強化で底上げを遂げて、西野ガンバで攻撃的なスタイルを確立。隆盛を極めて、一時はアジアを代表するクラブにまで飛躍を遂げたが、その後はJ2降格の2年後に3冠を達成するなど浮き沈みが激しい。日本有数のサッカー専用スタジアムをも手にしたが、どこかで少しずつアイデンティティーを見失ってきたように感じる。

 栄華を知るOBたちは、本気で黄金期の再来を信じている。一朝一夕にはいかない長期的なプロジェクトだろう。だが、彼らは復権への確かな歩みを始めた。

 そう断言できるだけの計り知れない熱量を、いまのガンバ大阪は有している。

(文中敬称略)

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】G大阪を彩る美女チアリーダー『ガンバ大阪チアダンスチーム』!

関連記事(外部サイト)