「もうサッカーは必要ない!」"ゴルフ好き" ベイルが投稿したホールインワン動画にファン衝撃!「もう退団してくれ」と非難も殺到

「もうサッカーは必要ない!」"ゴルフ好き" ベイルが投稿したホールインワン動画にファン衝撃!「もう退団してくれ」と非難も殺到

見事な一打を披露したベイル。案の定、批判コメントも殺到している。(C) Getty Images



 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界各国のリーグは中断を強いられている。現地時間3月23日には、ラ・リーガが無期限延期を発表した。

 そんななか、世界のフットボーラーたちは、自宅でさまざまなチャレンジをした動画を、「#stayathomechallenge」のハッシュタグをつけて投稿している。

 トイレットペーパーをリフティングする「トイレ紙チャレンジ」など、華麗な足技を披露する選手が多いなか、レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルは“彼らしい”テクニックを見せつけている。そう、ゴルフだ。

 ベイルのゴルフ好きは有名で、昨夏には欠場したプレシーズンマッチが行なわれている最中にコースを回って批判を浴びた。また、ウェールズ代表がEURO2020への出場を決めた試合の後に、「ウェールズ、ゴルフ、マドリード、この順番で」と書かれたフラッグを掲げ、マドリーのファンから大ヒンシュクを買ったこともあった。「マドリーよりゴルフの方が大事なのか」というわけだ。

 相当入れ込んでいるだけであって、その腕前はなかなかのようだ。

 パターを握ったベイルは、見事にボールを浮かせて2、3メートルほど先にあるトイレットペーパーの穴に収めたのだ。本人もかなり嬉しかったようで、大笑いしながらガッツポーズをする様子も収められている。ちなみに、利き足は左だが、右打ちのようだ。
 
「ホールインワン」というコメントとともに投稿したこの鮮やかな一打には、次のようなメッセージが寄せられている。

「ナイスショット!」
「最高!」
「唯一無二だ」
「もうサッカーは必要ない!」
「プロゴルファーになれる」
「ウェールズ、ゴルフ、マドリード。この順番で」

 もちろん、批判の声も少なくない。いや、むしろこちらのほうが多かったかもしれない。

「少しはサッカーもやってくれ」
「マドリードからいなくなれ」
「トップクラスのフットボーラーが家でもゴルフをやるなんて…」
「サッカーを舐めてる」
「わかった、もう退団してくれ」
「これがベンチに座っている理由だ」
「ヴィニシウス、ロドリゴ、ルーカス・バスケス。この順番で」

 ベイルはハッシュタグで、このチャレンジの次の挑戦者として、タイガー・ウッズ、ロリー・マキロイ、セルヒオ・ガルシアを指名した。ゴルフ界のスーパースターたちは、はたして反応するだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「プロゴルファーになれる!」ベイルが投稿した衝撃の“ホールインワン”はこちら!
 

関連記事(外部サイト)