「5分動いたら息が切れて、身体がだるくなり…」コロナ感染のディバラが“強い症状”について明かす

【新型コロナウイルス】ユベントスのディバラが「息が切れるのを感じ」と症状明かす

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの陽性反応が出たユベントスのパウロ・ディバラが症状を明かした
  • ディバラは「5分ほどトレーニングしたら、息が切れるのを感じ」と告白
  • ユーベでは、ダニエレ・ルガーニ、ブレーズ・マテュイディも陽性反応が出ている

「5分動いたら息が切れて、身体がだるくなり…」コロナ感染のディバラが“強い症状”について明かす

「5分動いたら息が切れて、身体がだるくなり…」コロナ感染のディバラが“強い症状”について明かす

新型コロナ感染したディバラがその症状について語った。(C) Getty Images



 3月22日に、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが明らかになったユベントスのパウロ・ディバラ。27日にクラブの公式テレビのインタビューに応じ、症状などについて語った。スペイン紙『As』などが報じている。

 体調について、「とても良くなっている」として周囲を安堵させたアルゼンチン代表FWは、しかし数日前まで「強い症状」があったことを明かした。

「5分ほどトレーニングしたら、息が切れるのを感じ、何もできなくなった。身体はだるく、筋肉が痛むのを感じた」

 幸いいまは、同じく感染した恋人のオリアナ・サバティーニさんとともに症状は回復しているという。
 
 ユーベでは、セリエA初の感染者となったDFダニエレ・ルガーニ、MFブレーズ・マテュイディ、そしてディバラと3人から陽性反応が出て、その状態が危惧されていた。

 コロナ禍が深刻化しているイタリアでは、死者が8000人を超えるなど、重症化するケースも少なくない。それだけに、ディバラとオリアナさんが快方に向かっているのは、幸いだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)