「圧力をかけてきた人物がいた」メッシの給与70%カット合意声明に現地紙注目!バルサの内紛が再び勃発か

「圧力をかけてきた人物がいた」メッシの給与70%カット合意声明に現地紙注目!バルサの内紛が再び勃発か

選手を代表して主将のメッシが声明を発表した。(C) Getty Images



 新型コロナウイルスの影響により、ラ・リーガは無期限の延期に追い込まれている。そんななか、バルセロナは選手のサラリーを一時的に70%削減することを発表した。

 これを受けてキャプテンのリオネル・メッシも声明を出し、発表が遅れたことを釈明している。スペイン紙『Marca』などが伝えた。

 メッシが自身のインスタグラムに掲載した声明は以下の通りだ。

「バルセロナのファーストチームに関して、この緊急事態の間のプレーヤーの給与について多くのことが書かれ、語られてきました」

「まず、私たち選手は例外的な状況にあることをよく理解しているため、喜んでサラリーカットに応じるということを明確にしたいと思います。プレーヤーは、クラブからの要請に応じるためにここにいます。ただ、私たちが必要かつ重要であると感じた時には、選手主導で物事を行なってきました」

「クラブ内部で、私たちが間違いなく取り組もうとしていたことをさせようと圧力をかけていた人物がいたことに驚きを隠せません。実際、合意が少し遅れたのは、この困難な時期にクラブとスタッフを支援する方法を探していたからです」

「選手は、この緊急事態の間、賃金の70%をカットすることに合意したことを発表したい。また、スタッフの賃金が100%を支払われるように、クラブを支援します」

「今まで口を閉ざしていたのは、クラブを助けるための解決策を見つけ、この状況で最も影響を受ける人が誰かを確認するためです」

「最後に、この危機が終わるまで辛抱強く家で困難な時期を過ごしているすべてのサポーターに、敬意と表わしたいと思います。すぐに、私たちは危機を脱することができるはずです。一緒に頑張りましょう」
 
 このうち、『Marca』紙は「クラブ内部で、私たちが間違いなく取り組もうとしていたことをさせようと圧力をかけていた人物がいたことに驚きを隠せません」という部分に注目。選手とフロントの亀裂を表わしていると伝えている。

 記事によると、選手たちは1月のエルネスト・バルベルデ監督の解任時のように、ダシに使われたと感じており、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長をはじめとする経営陣に不信感を抱いているという。一方で上層部はロッカールームに不満を持っており、今度はより状況が複雑になるだろうとしている。

 これまでもたびたび報じられてきたバルサの内紛。一致団結しなければならないこの状況下で、再び亀裂が生じる結果となってしまったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)