「健康に産まれてきてくれたことに…」アーセナルMFエジルが待望の第一子誕生を報告! ポドルスキや“命の恩人”も祝福

「健康に産まれてきてくれたことに…」アーセナルMFエジルが待望の第一子誕生を報告! ポドルスキや“命の恩人”も祝福

第一子の誕生を報告したエジル。姪に捧げていたこのゴールセレブレーションも変更? (C) Getty Images



 アーセナルに所属する元ドイツ代表メスト・エジルが、第一子の誕生を報告した。

 昨夏にミス・トルコに選ばれたこともある美女、アミネ・ギュルシェさんと結婚式をあげたエジル。自身のインスタグラムで新たな家族が娘であることを明かし、「私たちの娘“エダ”が健康に生まれてきてくれたことを、神に感謝します」と投稿。家族3人が寄り添う、モノクロの写真を公開している。

 この嬉しい報告に、アーセナルの公式をはじめ、同僚のピエール=エメリク・オーバメヤンやアレクサンドル・ラカゼット、ダビド・ルイスらが次々にお祝いのコメント。ルーカス・ポドルスキ、ユリアン・ドラクスラー、エムレ・ジャンらドイツ代表時代のチームメイトたちも、ファミリーの幸せを祈るメッセージを書き込んでいる。
 
 また、19年7月にエジルがナイフを持った二人組の強盗に襲われた際、素手で立ち向かってこれを撃退したチームメイトのセアド・コラシナツは、「Mashallah」( アラビア語で祝福の意味を持つ言葉)と投稿。サポーターは「おめでとう、エジルの“命の恩人”」「君は赤ちゃんのゴッドファーザーであるべき」「君が守ったファミリーだ。ありがとう」と称賛を送っている。

 新型コロナウイルスでイングランドのプロリーグは中断し、世界中が暗い話題に沈みがちななか、新たな命の誕生は、選手やサポーターの心に一筋の光として差し込んだに違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)