“バンディエーラ”がサッカー界から消える!? ドルトムントのエースが語る悲しき現状「将来的にもっと減る…」

“バンディエーラ”がサッカー界から消える!? ドルトムントのエースが語る悲しき現状「将来的にもっと減る…」

有望な若手も多いドルトムントをキャプテンとしても牽引するロイス。 (C) Getty Images



 1995年のボスマン判決以降、契約切れの選手は自由に移籍できるようになり、またEUの設立によってEU圏内の選手は「外国人」扱いではなくなったことで、欧州のサッカー界は国内外の移籍が活発になった。

 そうした選手たちの入れ替わりが激しくなっている昨今で、もはや「絶滅危惧種」となりつつあるのが、一つのクラブに留まり続ける“バンディエーラ(イタリア語で旗頭の意)たちだ。

 プロデビューからクラブに忠誠心を誓い、クラブのイズムを完璧に理解し、文字通りチームを象徴する選手たちを指す、バンディエーラ。近年でいえば、ローマのフランチェスコ・トッティやリバプールのスティーブン・ジェラードあたりが代表格だ。

 いまではすっかり珍しくなってしまった彼らのような存在について、「サッカー界には、もうほとんどいない。この先、もっと減っていくよ」と語ったのは、ドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイスだ。

 そのロイスもドルトムントで長い時を過ごしている。2012年夏にボルシアMGから復帰して、8年目。下部組織時代を含めると17年半も在籍したことになる。
 
 現在30歳で、実に人生の半分以上をドルトムントに捧げてきたロイスは、ドイツ誌『Die Welt』のインタビューで、次のように語った。

「僕や(バイエルンのトーマス・)ミュラーのような選手はサッカー界にはほとんどいない。将来的にはさらに減っていくさ。僕が、その代表例として思い浮かぶのはフランチェスコ・トッティとダニエレ・デ・ロッシの2人だけ。だけど、そういった一つのクラブに10年以上在籍する選手はこれからどんどん希少価値が高まっていくと思うよ」

 先述の通り、移籍のハードルが低くなっているだけに、ロイスの語るように“バンディエーラ”は今後ますます減っていくことだろう。

 ビッグネームの移籍がサッカー界に小さくない話題をもたらし、業界を活気づけているのは事実だ。一方で、ひとつのクラブで不変の愛を貫く選手たちが減っていく現状には、いささかの寂しさを感じてしまう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)