「めちゃ美しい!」「どうしたらこう曲がる?」貴公子ベッカムの“精密すぎる”FK集にファン感嘆!

「めちゃ美しい!」「どうしたらこう曲がる?」貴公子ベッカムの“精密すぎる”FK集にファン感嘆!

正確なFKで度々ネットを揺らしたベッカム。(C) Getty Images



 マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーで活躍したデイビッド・ベッカム。イングランド代表の一員として2002年のワールドカップでは、その端正なマスクと奇抜なヘアスタイルで、日本でもブームを巻き起こした。

 その貴公子の最大の武器は、精度の高い右足のキックだ。とりわけ正確無比のプレースキックは世界トップクラスで、アシストやFKゴールでファンを魅了した。

 そのベッカムがチャンピオンズ・リーグ(CL)でゴールに叩き込んだFKの動画集を、4月9日にCL公式ツイッターが配信した。ユナイテッド時代が4本、マドリー時代が2本、計6本の精密なFK弾にファンは改めて感嘆。次のようなコメントが寄せられている。
 


「めちゃ美しい!」
「どうしたらこう曲がるんだ?」
「FKのキング」
「中距離のFKとロングパスなら世界最高」
「これぞFKマスター」
「最高のプレースキッカーだ」
「FKの半分はミサイルのようだった」
「彼は過小評価されすぎている」

 また、7日にCL公式がFK集を公開した、同じくプレースキックの名手である元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノとどちらが優れているかという議論も巻き起こっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)