「なんてタッチだ!」「接着剤塗ってるの?」ウクライナの俊英が披露した小野伸二級の“神トラップ”が350万回再生の大反響!

「なんてタッチだ!」「接着剤塗ってるの?」ウクライナの俊英が披露した小野伸二級の“神トラップ”が350万回再生の大反響!

シャフタールでプレーするムドリク。まだBチームが主戦場ながらトップデビューは果たしている。(C) Getty Images



 日本では、このコロナ禍によるJリーグ中断中にFC琉球の小野伸二が投稿した、足下にピタッとボールを止める“鬼ピタ”トラップが話題となっている。

 だが、それ以上とも言える“神トラップ”を披露して反響を呼んでいる選手がいる。ウクライナの強豪シャフタール・ドネツクに所属するMFミハイロ・ムドリクだ。

 ウクライナU-21代表にも選出されている19歳の俊英が、自身のインスタグラムにアップした動画には、40〜50メートルはあるだろうロングパスを足下に吸い付くように止める驚きのトラップが収められている。その後に送りかえした矢のような高精度パスも圧巻だ。

【動画】「合成にしか見えない」 小野伸二が公開した“鬼ピタ”トラップはこちら!
 この投稿は瞬く間に拡散され、動画サイト『433』では再生数が350万回を超える大反響。フォロワーからは、次のようなメッセージが送られている。

「ブラボー」
「なんてタッチだ!」
「どうやればできるの?」
「信じられない!」
「素晴らしいコントロール」
「接着剤塗ってるの?」
「未来のスターだ」

 動画の加工を疑うコメントもあり、それに対して「彼のテクニックを知らないからだ」と反論する声もあった。真相は不明だが、いずれにしてもファンを驚かせ、楽しませたのは間違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)