「いい雰囲気」「現役時代より絞れてる」中田英寿氏が投稿した“職人芸”にファン反応!

「いい雰囲気」「現役時代より絞れてる」中田英寿氏が投稿した“職人芸”にファン反応!

先日、立教大学の客員教授に就任することが発表された中田氏。(C)Getty Images



 日本を初のワールドカップ出場に導き、セリエAのペルージャやローマ、パルマなどでプレーした中田英寿氏。2006年に現役を引退した後は、様々な事にチャレンジしながら、2015年に「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立し、日本酒を初めとした日本文化の本格的なPR活動に乗り出している

 そんな中田氏は4月13日に自身のインスタグラムを更新。「世界が認める四代目田辺竹雲斎のバンブーアート!」として、真剣な眼差しで竹細工を行なっている写真を投稿した。

 四代目・田辺竹雲斎は、大阪府堺市出身の46歳。代々の伝統技術を受け継ぎながら竹の工芸品を世界に発信しているアーティストだ。
 
 この投稿にファンからは、以下のようなコメントが寄せられた。

「カッコイイ」
「真剣な顔。難しそう…」
「バンブーアート素敵ですね」
「現役時代より絞れてる気がする」
「職人さんのようだ」
「鍛えられている筋肉。いつも素晴らしい」
「すごい。何でも出来る!」
「チャレンジ精神旺盛ですね」
「何が出来るかな?」
「つくづく絵になる方ですね」
「インスピレーションを与えてくれる」
「いい雰囲気」
「ヒデさんの作品是非アップしてください」

 日本文化に触れ、その良さを発信し続けている“ヒデ”。真剣な眼差しで作り上げたのはどんな作品だったのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

関連記事(外部サイト)