「最も困難な時期は…」中国でコロナ感染の元ベルギー代表フェライニ、3週間ぶりの退院を報告!

「最も困難な時期は…」中国でコロナ感染の元ベルギー代表フェライニ、3週間ぶりの退院を報告!

3週間ぶりの退院を報告したフェライニ。現在は中国でプレーしている。(C) Getty Images



 3月22日に新型コロナウイルスの陽性反応が出て、中国で入院していた元ベルギー代表MFのマルアン・フェライニが退院したことが明らかになった。

 中国の山東魯能でプレーする32歳は、4月14日に自身のインスタグラムを更新。本人のサインボールを手に持った、医療スタッフと思われる女性4名との写真とともに、こう綴った。

「入院している間、親身になって不自由がないようにしてくれた病院の医療スタッフ、クラブとそのメディカルスタッフに心の底から感謝しています。僕自身は最も困難な時期は過ぎ去りました。戦い続けましょう。それは重要なことです」

 英公共放送『BBC』が中国のメディアの報道として伝えたところによると、フェライニは感染症の専門病院に隔離されていたという。

 病院の中でトレーニングをする姿を投稿するなど、それほど深刻な状態ではなかったようだが、4月5日を最後に更新が止まっていただけに、元気な姿を見せてくれてファンも安心したことだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)