「バッジョが魔法をかけた」「ロビーは不可能を可能に」「ゾーラの退場は意味不明」94年W杯の名勝負が再脚光!

「バッジョが魔法をかけた」「ロビーは不可能を可能に」「ゾーラの退場は意味不明」94年W杯の名勝負が再脚光!

94年W杯のナイジェリア戦で奇跡的な活躍を演じたバッジョ。写真:Alberto LINGRIA



 新型コロナウイルスの拡大により世界中のサッカーが休止状態にある中、各国の協会/連盟やリーグ連盟、クラブは過去のハイライトやゴールの動画などを続々と無料配信中。何とかファンの「サッカーロス」を埋めようとしている。
 
 FIFA(国際サッカー連盟)も例外ではなく、「#WorldCupAtHome」というキャンペーンでワールドカップの名勝負を公式YouTubeチャンネルなどで無料配信中。4月11日には1994年ワールドカップのナイジェリア対イタリアのフルマッチ動画が公開された。
 
 アルゼンチンやブルガリアなどを尻目にグループ1位で勝ち上がるなど台風の目となったナイジェリアと、優勝候補に上げられながら何とかグループ3位で勝ち抜けたイタリアが激突した決勝トーナメント1回戦は、たしかに大会屈指の名勝負だった。
 
 ナイジェリアが25分にエマニュエル・アムニケのゴールで先制。イタリアは65分から途中出場したジャンフランコ・ゾーラが75分に不可解な判定でレッドカードを食らい、さらに窮地に追い込まれる。
 
 優勝候補イタリアがラウンド・オブ16で敗退か……。誰もがそう思っていた中、アッズーリを救ったのが、ロベルト・バッジョだった。88分に起死回生の同点ゴールを挙げると、延長戦の102分にはPKで勝ち越しゴール。イタリアをベスト8に導いたのだ。
 
 ロビー(バッジョの愛称)のキャリアの中でも屈指の名勝負に、サッカーファンからコメント書き込みが相次いだ。
 
「バッジョが魔法を使った試合」
「ロビーは不可能を可能にした」
「この大会のバッジョのおかげで、私はアッズーリのファンになった」
「この大会のバッジョは、ここからが本領発揮だったんだよね」(グループリーグは無得点も、決勝トーナメントでは3試合連続ゴールを挙げてイタリアを決勝に導く)
「もう26年前の試合か。時が経つのは早い」
「バッジョとオコチャのテクニシャン対決が面白かった」
「この時のオコチャはロナウジーニョみたいだな」
「イタリア人ではないが、あの時のアッズーリとこの試合はすごく印象的。素晴らしかった」
「今見てもゾーラのレッドカードは意味不明」
「ゾーラの退場は大会史上最も不可解な判定のひとつだな」
「イタリア対チェコスロバキア(90年W杯)のフルマッチ動画も観たい」
 
 フルマッチのため2時間13分のロング動画だが、『FIFA TV』がコメントで「28:09 GOAL: Emmanuel Amunike (Nigeria 1-0 Italy)」、「1:21:13 RED CARD: Gianfranco Zola (Italy)」、「1:34:26 GOAL: Roberto Baggio (Nigeria 1-1 Italy)」、「1:50:46 GOAL: Roberto Baggio (Nigeria 1-2 Italy)」と重要な部分だけを指定して観れるようにしてくれているので、是非ともチェックしてほしい。

【動画】94年W杯イタリア対ナイジェリアのフルマッチはこちら!

構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

関連記事(外部サイト)