「学生時代に戻った気分だよ」D・ルイスがアルテタ監督のアツすぎる“宿題&ビデオ授業”を暴露!

「学生時代に戻った気分だよ」D・ルイスがアルテタ監督のアツすぎる“宿題&ビデオ授業”を暴露!

厚い信頼関係で結ばれているD・ルイス(右)とアルテタ監督(左)。(C)Getty Images



 新型コロナウイルスの感染から回復した青年監督は、精力的に動き回っているようだ。

 アーセナルのブラジル代表DFダビド・ルイスが世界的ネットワーク『ESPN』ブラジル版の取材に応じ、自宅待機を余儀なくされている現状を赤裸々に語った。

 カーリーヘアの人気者はまず、指揮官であるミケル・アルテタに新型コロナ感染の陽性反応が出たときの心情を吐露。「あれにはビックリしたし、まだ英国内ではそこまで深刻な状況ではなかったから、僕たちも感染しているんじゃないかと得体の知れない恐怖を感じた」と話し、「どのクラブよりも早く自宅隔離になったからね。2週間の間は本当に怖くて、いろんなことを考えたよ」と振り返った。

 D・ルイスによると、全快した38歳のスペイン人監督はパワーが有り余っているようだ。

「ミケルはすべての選手と常にコミュニケーションを取っているよ。それこそ宿題の量が半端なくて、学生時代に引き戻された気分だ(笑)。こないだもビデオチャットでゲーム分析やトレーニング内容に関する“授業”があってね。1時間半もだよ(笑)。『よしダビド、このゲームでどこがグッドでどこがバッドだったかを思い出してくれ。映像を見ちゃダメだぞ!』という具合だ」

 冗談めかしてそう暴露したD・ルイスだが、指揮官アルテタの能力には太鼓判を押している。

「本当に実りある議論で、僕たちの未来にきっと有益ななにかをもたらすだろう。ミケルは間違いなく、世界のベスト監督のひとりになると信じているよ」

 
 アルテタ監督は昨年12月20日、前任者であるウナイ・エメリの後釜に指名された。勝ち星に見放されていたアーセナルを公式戦10戦負けなしに導くなど見事浮上させ、声価を高めている。

 はたして中断期間の熱血指導は結実するのか。プレミアリーグの再開時期については、いまだ明確な方向性が示されていない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】D・ルイスが公開した“美しすぎる彼女”ブルーナさんの近影はこちら!

関連記事(外部サイト)