“伝説ロッカー”N・ギャラガーがペップとの“ウラ話”を告白。リバプールの優勝については「もうタイトルは…」

“伝説ロッカー”N・ギャラガーがペップとの“ウラ話”を告白。リバプールの優勝については「もうタイトルは…」

ペップ(右)とのやり取りについて明かしたのは、N・ギャラガー(左)だ。 (C) Getty Images



 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なヨーロッパでは、各国のリーグ戦は依然として中断を余儀なくされている。

 サッカー・ファンにとって鬱屈とした日々が過ぎていくなか、世界的な知名度を誇るロックスターが、プレミアリーグ屈指の名将との“ウラ話”を告白した。

 興味深いエピソードを明かしたのは、マンチェスター・シティの筋金入りのファンとして知られる、世界的ロックバンド『オアシス』の元ギタリスト兼ボーカリストであるノエル・ギャラガーだ。

 マンチェスター生まれで、同じく元オアシスのボーカリストである弟のリアムとともに、熱烈なシティ・サポーターとなったN・ギャラガーは、イギリス・メディア『BT Sport』で、17-18シーズンの開幕直前に、就任2年目のジョゼップ・グアルディオラ監督とこんなやり取りをしたことを明かした。

「ペップが初めて無冠に終わったシティでの最初のシーズン後、俺たちシティ・ファンの間では、大きなため息が漏れてた。『これからいったいどうなっちまうんだ?』っていう感じだった。俺がみんなに喋ってしまうことを彼が気にしないといいが、実は彼とは知り合いで、翌シーズンが始まる前夜に『グッドラック!』って内容のメールを送ったんだ。

 そしたら開幕戦の前の夜に彼から『我々はリーグを優勝する、疑いようがない』ってメールが来たんだよ。俺は『オーケー、問題なさそうだな』って感じの返信をしたと思う。とにかく彼はめちゃめちゃ自信に溢れていたんだ」
 

 結果、17-18シーズンのシティは“隣人”マンチェスター・ユナイテッドに19ポイント差をつけてリーグ制覇した。勝点100を計上した2年目のペップ・シティについてN・ギャラガーは、「完璧なプランを持っていた。その全てがフィットして絶対に負けなかった」と絶賛した。

「シティがやってるフットボールは本当に圧巻だと思ったよ。今、ロックダウンの中でテレビでいくつかの試合の再放送をやっているけど、あのシーズンのウチはまさにダイナマイトだったよ」

 今シーズンのプレミアリーグは第29節終了時点で、リバプールがシティに勝点25差をつけ、30年ぶりの戴冠に向けて独走している。それについては、ロックダウンの現状を踏まえ、こう漏らしている。

「もう今シーズンはリバプールが勝利したんだ。すでに優勝がふさわしい状況にある。タイトルをあげるべきさ。もう来シーズンの計画を立ててもいい。アイツらは、もう勝者となったんだ。2部への降格、2部からの昇格を、どこかのチームに強いるのは酷かもしれないけどな」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)