「最高に美しい!」「まさに女王」アメリカ女子代表モーガンが投稿した、妊娠9か月の“タイトワンピ姿”が大反響!

「最高に美しい!」「まさに女王」アメリカ女子代表モーガンが投稿した、妊娠9か月の“タイトワンピ姿”が大反響!

2019年のワールドカップ制覇に貢献したモーガン。来年の東京五輪出場も見据えている。(C) Getty Images



 ミーガン・ラピノーと並ぶアメリカ女子代表のダブルエースのひとり、アレックス・モーガンが4月18日に自身のツイッターを更新。一枚の写真を投稿した。

 現在30歳のモーガンは、アメリカ人のプロサッカー選手、セルバンド・カラスコ(昨季はロサンゼルス・ギャラクシーでプレーし、現在は無所属)と2014年12月に結婚。第一子を妊娠中で、出産予定は4月と言われており、まさにいつ生まれてもおかしくない状況だ。

 そんななか、先日は水着姿でファッション誌の表紙を飾って度肝を抜いたモーガンが、今度はタイトなワンピース姿を披露した。「6か月後の服は少しきつい」と綴っており、妊娠初期に購入した服のようだ。ハッシュタグには「#ninemonths」と付けており、妊娠9か月であることを報告している。

【画像】アメリカ代表の女神モーガンが公開した、出産目前の“水着ショット”はこちら!
 出産目前の貴重なショットは、70万「いいね」を超える大反響!ファンからは次のようなメッセージが寄せられた。

「最高に美しい!」
「驚きだ!」
「なんてキュートなの」
「いい写真だ」
「きれいなママ」
「まさに女王」
「パーフェクト!」
「素晴らしい!」

 なお、モーガンはお腹の中の子どもが女の子であることを明かしている。次の投稿は、出産の報告になるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)