【W杯アジア予選を突破した日】輪の中心にはカズがいた…ジョホールバルでドーハ組はいかに振る舞ったか?

【W杯アジア予選を突破した日】輪の中心にはカズがいた…ジョホールバルでドーハ組はいかに振る舞ったか?

ジョホールバルでの決戦を制した日本代表は、ワールドカップ初出場を決めた。(C) Getty Images



 過去6度のワールドカップに出場した日本代表は、これまで5度のアジア予選を突破してきた。本稿ではそれぞれの最終予選突破を果たした試合にスポットを当て、そこにまつわる舞台裏エピソードや関係者たちの想いに迫る。(文●佐藤 俊/スポーツライター)

――◆――◆――

 ジョホールバルでのイランとのフランス・ワールドカップ・アジア第3代表決定戦は、ドーハ組にとって4年前の悲劇を乗り越えるチャンスだった――。

 試合は中山雅史(ゴン)が先制ゴールを挙げ、いい流れを作った。

 だが、後半、イランがアジジとダエイのゴールで逆転する。カズをはじめピッチの選手たちは唇を噛み締め、日本人が多数駆けつけたスタジアムは重苦しいムードに包まれていた。トレーナーの並木麿去光は、ベンチ脇で試合を見ていた。逆転されてから心配になってベンチを覗くと選手の表情はそれほど焦ってはいなかった。

 63分、ベンチの選手が一様に目を見開き、並木も目を疑った。

 城と呂比須の二人が呼ばれたのだ。カズとゴンと交代させる決断をした岡田武史監督には鬼気迫るものを感じたという。

「カズとゴンを一緒に交代させるのはビックリでした。それまでそんなこと練習も含めて一度もやったことがなかったんですよ。でも、それをあの場面でやったんで、ベンチの選手も僕らスタッフもマジかって感じでした。でも、結果的に入った城が同点弾を決めるんでね。岡田さん持っているなって思いました」

 カズとゴンは戻ってきた瞬間は、少し寂しそうな表情をしていた。

 だが、ベンチに戻ってくると座る間もなく立ち上がり、大きな声でピッチの選手を応援し始めた。ベンチに座る選手からはずっと声が飛んでいたが、カズとゴンの声がひと際大きかったという。

「みんなでワールドカップに行きたいという気持ちがすごく見えましたね」
 並木は、ふたりが叫ぶ声からそれが感じられたという。

 実際、カズやゴンらドーハ組が最終予選に懸ける気持ちは非常に強かった。とりわけ、カズは最終予選初戦のウズベキスタン戦で4点を取って好スタートを切り、先頭に立って戦っていた。エースとしてワールドカップに行く覚悟をプレーで見せてくれたのだ。しかし、韓国戦で尾てい骨を打撲してから調子を落としていった。

 ゴンは、なかなか招集されず、ホームでのカザフスタン戦で久しぶりに代表復帰を果たした。その時、ゴンは「今、考えるとドーハから4年は早かった。今回、呼ばれたからには少しでもチームのためになりたい。ドーハを越えて、新しい歴史を作りたい」と決意表明していた。

「ドーハの悲劇」を経験した選手は、あの黒歴史が意識にまとわりついていた。それを振り払って前に進むためには最終予選を勝って歴史を塗り替えるしかなかったのだ。

 カズとゴン、北澤豪、井原正巳はその歴史を変えるべく、スタメンで出場した。ゴンは先制点を奪い、4年前のドーハでの北朝鮮戦でデビューした時のような勢いを見せた。だが、時間の経過とともにマレーシアの高温多湿とタフな試合に体力を奪われ、ついにカズとゴンはベンチに下がることになった。

 カズとゴンは、ベンチに下がっても戦っていた。城のゴールで同点に追いついた時は、ベンチの選手と抱き合って喜び、「これからだ」とピッチの選手を激励した。2-2で延長戦に入る前は選手に水を渡したり、選手の両足を持って疲労を取るストレッチをしたりしていた。もちろんカズやゴンだけでなく、ベンチにいた全選手が試合に出ている選手のサポートをしていた。その姿を見た時、並木は「本当にチームがひとつになった」と思わず泣きそうになったという。

 延長戦が始まる前、誰が言うのではなく自然と円陣ができた。だが、スタッフのひとりが足りないと分かると、彼が参加するのを待った。全員が揃うと、お互いに肩を抱いて、「いくぞー!」と声を合わせ、勝利を誓った。
 その輪の中心にはカズがいた。

 延長前半、岡野雅行がピッチに入った。それまで1試合も最終予選に出場したことがなかったが、カズとゴンは岡野に「決めてこい」と激励した。しかし、岡野はベンチの声援や岡田監督の期待になかなか応えられず、何度も決定的なチャンスを外した。

 その度にベンチの選手はドリフのずっこけみたいになっていたという。そんななか、「決めろよー!!」と本気になってキレていたのがカズと岡田監督だった。その声が届いたのだろうか。延長後半13分、岡野がやっとゴールデンゴールを決めた。

 ピッチ上で城彰二や川口能活らアトランタ組の選手が号泣するなか、カズとゴンは涙もなく、喜びの笑みを見せていた。

 試合後、現地に参戦してくれた多くのファン・サポーターに挨拶するために選手は場内を一周することになっていた。その前に並木はカズに声をかけられた。

「このユニホームは記念だから、取られないようにナズーが着ててくれ」
 並木はカズの11番を背負い、歩いていた。

 そのユニホームを見たマスコミが騒ぎ、「カズさん」、と声をかけられて顔を見られた。すると「違うわ」とハッキリと分かる声で言われたという。

「なんだよ、体型みりゃ分かるじゃん(苦笑)」
 並木は、そう思いながらカズのユニホームを大事にロッカーに持ち帰った。
 ロッカーで一番喜んでいたのは、カズ、ゴン、北澤、井原らドーハ組だった。中田英寿は淡々として、城も妙に落ち着いていたという。

 ホテルに戻り、並木はカズの部屋に行き、アイシングの処置をしていた。その時もカズはドーハ組の選手に連絡をとり、笑顔で話をしていたという。

「カズにとってドーハ組は特別な存在で、一刻も早く話をしたかったんじゃないですか。最終予選は、やはり特別な思いがあったと思うんで」

 ホテルロビーや周辺はジョホールバルに応援に来ていたファンが多数集まり、騒然としていた。そのなかで北澤はお祝いのビールをロビーにいるファンに配っていた。選手たちはテレビ出演などが続き、それは深夜遅くまで続いた。

 経験豊富なカズやゴン、井原、北澤が「初」の喜びに酔いしれた。それはドーハを知る彼らが、その価値を痛いほど理解していたからでもある。

文●佐藤 俊(スポーツライター)

関連記事(外部サイト)