【名勝負の後日談】82W杯、ブラジル最高傑作のチームはなぜ敗れたのか――イタリア側の視点<前編>

【名勝負の後日談】82W杯、ブラジル最高傑作のチームはなぜ敗れたのか――イタリア側の視点<前編>

黄金のカルテットを擁した82年W杯のブラジル代表。創造性に満ちた華麗なサッカーは多くのファンを魅了した。(C) Getty Images



 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文:加部 究/スポーツライター)

――◆――◆――

 6年前、ブラジル・ワールドカップの取材中に、デパートでポロシャツフェアが開かれていた。胸に愛する代表チームがワールドカップで活躍した年がデザインされていて、初優勝した「58」や世界に先駆けて3度目の制覇を達成した「70」に混じり「82」も大量に販売されていた。優勝した「94」や「02」はないのに、2次リーグで敗退した「82」は依然として絶大な人気を集めているのだ。

 1982年スペイン大会が開幕して暫くすると、ブラジルの優勝を疑う声は消えた。MFにはジーコ、ファルカン、ソクラテス、トニーニョ・セレーゾと黄金のカルテットが君臨し、両サイドバックのレアンドロ、ジュニオールが攻撃に厚みを加え、レフティのエデルは悪魔のようなキックでゴールを脅かした。チームを指揮したのはテレ・サンターナ。史上初めてブラジル国内の4つの異なる州リーグを制し、2年前に代表監督を引き継いでいた。翌81年新春には、過去のワールドカップ優勝国とオランダがウルグアイに集結して「コパ・デ・オロ」が開催され、ジーコ、ファルカンを欠くブラジルは、決勝戦でウルグアイに1-2で敗れたが、それ以降は負け知らずのまま本大会に突入することになった。

 さらに本大会に入っても1次リーグを順当に3連勝。3か国で準決勝の椅子を争う2次リーグ初戦では、前回優勝メンバーに天才ディエゴ・マラドーナを加えたアルゼンチンを3-1で一蹴してしまう。あとは1次リーグで3戦3分けと、まったく調子の上がらないイタリア戦を引き分け以上でベスト4に進む流れが出来ていた。

 一方イタリアを取り巻く状況は最悪だった。

 前回アルゼンチン大会では若いメンバーで唯一優勝した開催国に土をつけ、洋々たる未来を感じさせた。特にセリエB→Aで連続して得点王を獲得した当時21歳のパオロ・ロッシは、王様ペレからも「大会最高の若手」と称賛されていた。ところがそのロッシが八百長疑惑で3年間の出場停止処分を受け(後に2年間に軽減)、同国サッカー界の空気は淀み、アズーリの愛称を持つ代表も低迷に陥った。自国開催で優勝が期待された80年欧州選手権も4位に終わり、チームを率いるエンツォ・ベアルゾット監督は、選手起用などの采配面だけでなく、個人的なスキャンダルも含めてメディアから総攻撃を受ける。

 いよいよ82年にワールドカップが近づくと「こんなチームはスペインへ行くべきではない。無様な姿を晒すだけだ」と、辞退勧告のキャンペーンまで飛び出したという。実際にスペイン大会が開幕してもアズーリの調子は上向かず、集中的に酷評されたのが、直前に復帰を果たし指揮官が信頼してスタメンで使い続けるロッシだった。

 ロッシの述懐である。
「なかにはチームメイトとの同性愛疑惑をでっち上げるメディアもあった」

 メディアとの冷戦があまりに深刻化したため、とうとうベアルゾット監督は報道規制を敷く。チームで取材に対応するのは、40歳の守護神ディノ・ゾフだけになった。
「理由は簡単。彼が最も無口な男だったからだよ」(同監督)

 ロッシに光明は見えなかった。1次リーグから無得点が続き、ついに2次リーグ最初のアルゼンチン戦では80分で途中交代を命じられる。

「これで完全に僕のワールドカップは終わったと思った。僕は感覚で得点するストライカー。その感覚が思い出せない以上、もう選手として終わったとさえ思った」
 想像を超える魅力を発散し攻撃的スタイルで快進撃を続けるブラジルと、どん底のまま自国メディアとも冷戦中のイタリア。2つのナショナルチームを取り巻く空気は両極端だった。

 それでもブラジル代表にも慎重派はいた。最終ラインを統率するオスカーは、テレ・サンターナ監督に「せめて両SBが一緒に攻撃参加をするのは控えさせてほしい」と直訴している。また唯一セリエAローマの大黒柱として君臨していたファルカンも「引き分けでも準決勝に進めるのだから、まずは負けない戦い方をするべきではないか」と提案した。

 しかしソクラテスが「オレたちはブラジルだ。引き分け狙いの試合など出来るはずがない」と反論し、他のメンバーも賛同する。また指揮官も「いつものように全力で勝ちに行く。MFが厳しくマークされたら、両SBが攻撃に出て、そのマークを剥がせばいい」と、改めて攻め倒すことを宣言した。

 実はイタリアのベアルゾット監督が開幕前に優勝候補筆頭だと見ていたのはアルゼンチンだった。しかし開幕してブラジルを偵察すると、当初の予想は吹き飛んだ。

「彼らの力は予想を超えてしまっていた。この相手を倒すには紛れもなく奇跡が必要だと思った」

 1次リーグを辛くも2位で突破し、2次リーグでアルゼンチン、ブラジルとの対戦が決まると指揮官は頭を悩ませた。

「ふたつのゲームでアズーリが採るべき戦略の柱は共通していた。相手の最も優れた選手の実力を見極め、そのエースを封じるのに最適のDFを用意することだった」

 ふたりのセンターバック(CB)は、相手の2トップを抑える仕事がある。そこでベアルゾット監督は、SBのどちらかをマラドーナとジーコにマンマークさせることにした。最初に右SBのクラウディオ・ジェンティーレに打診すると「出来ます!」と即答が来た。左SBのアントニオ・カブリーニが攻撃的資質も高いことを考慮し、その瞬間に結論を下した。一方本来の右SBが相手のトップ下をマンマークすることで空くスペースは、自ら「完璧なコンディションに仕上がっていた」ブルーノ・コンティがカバーすることになった。
 

 7月5日、ともにアルゼンチンを下したブラジルとイタリアは、かつてエスパニョールがホームとして使用し4万4000人収容のサリア・スタジアムで顔を合わせた。同じバルセロナにあるカンプ・ノウは、本来スペインで人気のアルゼンチンが主戦場にする予定だったが、開幕戦でベルギーに敗れたため小さな会場で南米二強が同居してしまったのだった。

 アズーリのロッカールームでは、指揮官がこんな言葉で選手を送り出している。
「このブラジルを相手に10回戦えば、おそらく9回は負けるだろう。勝てるとすれば、わずかに1度、だがその1度を、今日の試合にするんだ!」

 ただしアズーリを指揮して7年目に入った当時55歳のベテラン監督は、ブラジルという大敵の弱点も探し緻密な戦略を立てていた。

「ブラジルにはブラジル特有の哲学がある。彼らはゴールだけを求めて攻めてくる。たとえ3点のリードを奪っても攻撃を緩めることはない。だからブラジルと攻撃力で渡り合うことなど意味を成さない。イタリアは待つ姿勢を崩さず、90分間に1度や2度訪れるチャンスを掴み取ることが重要なんだ。ブラジルが前がかりに攻め続ければ、戻る体力を失われていく。その時にロッシと(フランチェスコ)グラッツィアーニのスピードについていけるDFはいない」

 ベアルゾット監督は、ブラジル戦でも引き続きロッシをスタメンで起用した。ロッシは「まさか」と驚いたが「逆にもう失うものはない、と心に被さっていた蓋が取り払われたような気がした」という。

 開始3分、そのロッシが決定機を逸した。左からマルコ・タルデリがクロスを送ると、ロッシはゴール前でフリーだった。だがこんな場所でマークがついていない状況など想像もつかなかったので、慌てて左足で反応し、合わせ損なったのだった。ロッシは実感した。

「必ずDFが身体を寄せていると思ってありえないミスをした。ブラジルはもっと強力でうまく守っていると思っていた。それに実際にピッチに立ってみて、ブラジルのパス回しの遅さが想像以上だった。しかもプレスをかけても繋ぐことに固執し横パスも多い。これならきっと同じようなチャンスが巡って来る」
 そしてわずか1分後に均衡が破れる。右サイドで守備のカバーもしていたコンティがドリブルから左へ振ると、駆け上がるカブリーニがそのままクロスを送る。ロッシは一度マークするルイジーニョに身体を寄せたが、すぐにファーポストへと逃げる。あとは正確なクロスを頭で丁寧に合わせた。

 カウンターの起点となったコンティは、すでに勝利への可能性を感じ取っていた。
「ブラジルの守備の最大の欠点は、目の前に広大なスペースがあっても上がって埋めようとしないことだった。スペースを活かすことにかけて我々アズーリはマエストロ(達人)だ。象徴的だったのが先制点のシーン。カブリーニがクロスを上げる時も、ロッシがファーサイドへ流れた時も、まったくのフリー。ブラジルがスペースを閉じる作業をやっていない証拠だった」

 再びベアルゾット監督の証言である。

「確かに技術面で我々はブラジルに大きく劣っていた。だからそれを補って余りある戦術を採らなければならなかった。一方ブラジルは、イタリアが相手なら簡単にボールが持てるはずだと深過ぎる自信を持っていたに違いない。ブラジルは2次リーグを突破するためではなく、イタリアを完膚なきまでに叩きのめすためにピッチに立った。そのためには、出来るだけ多くの選手を攻撃に割く。それが彼らの哲学なのだ」

 イタリア先制は、世界中のファンを驚かせたに違いない。だがブラジルの失点は珍しいことではなかった。1次リーグでも開幕からソ連戦、スコットランド戦と先制を許しながら、圧倒的な攻撃力で鮮やかに逆転している。まだブラジル側にまったく焦燥はなかった。
(※なおイタリア代表スタッフのインタビューは、現地在住の宮崎隆司氏に託して実現したものです)

文●加部 究(スポーツライター)

関連記事(外部サイト)