史上初! バルセロナが本拠地の命名権を売却! それでも「カンプ・ノウ」の名は消えない!?

バルセロナが本拠地カンプ・ノウの命名権を史上初の売却 収益はコロナ治療の支援へ

記事まとめ

  • バルセロナが本拠地カンプ・ノウの命名権を売却することを明かした
  • 史上初の試みで、収益金は新型コロナウイルス治療やワクチン開発支援目的で寄付される
  • また、命名権を購入するスポンサー側に『カンプ・ノウ』の名を残すよう依頼するという

史上初! バルセロナが本拠地の命名権を売却! それでも「カンプ・ノウ」の名は消えない!?

史上初! バルセロナが本拠地の命名権を売却! それでも「カンプ・ノウ」の名は消えない!?

サッカー界の世界遺産であるカンプ・ノウ。はたしてどのスポンサーが命名権を落札するのか。(C)Getty Images



 ラ・リーガ1部のバルセロナは現地4月21日に声明を発表し、本拠地カンプ・ノウの命名権(ネーミングライツ)を売却することを明かした。

 もちろん、1957年の開場以来初となる試みだ。クラブはバルサ財団に命名権売却の権利を譲渡したうえで、ひとまずは2020−21シーズンの1年間のみ出資するスポンサーを募集するという。そして契約から得る収益金はすべて、新型コロナウイルス感染症の治療やワクチン開発などの支援のため、関係各所に寄付することを決定した。

 バルセロナは「スタジアムは世界的なパンデミックと闘うあらゆるプロジェクトのために活用されるだろう。FCバルセロナとバルサ財団はこの人類未曽有の危機に際して、なにが必要かを熟考した」と文面で伝え、ジョルディ・カルドネル副会長は「あくまで例外的な処置だ。迅速に経済的貢献を果たさなければならないと決断した」と語る。

 
 はたして欧州最大9万9000のキャパシティーを誇る殿堂にはいったいいくらの値がつくのだろうか。なおクラブは命名権を購入するスポンサー側に「カンプ・ノウ」の名を残すように依頼するという。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)