【名勝負の後日談】「ジーコの技は誰にも止められない」82W杯、ブラジル最高傑作のチームはなぜ敗れたのか?<後編>

【名勝負の後日談】「ジーコの技は誰にも止められない」82W杯、ブラジル最高傑作のチームはなぜ敗れたのか?<後編>

ブラジル代表で10番を背負ったジーコ。ソクラテス、ファルカン、都ニーニョ・セレーゾとともに、“黄金のカルテット”を形成した。(C) Getty Images



 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文:加部 究/スポーツライター)

――◆――◆――

 1982年7月5日、スペイン・ワールドカップで絶対の本命と見られたブラジルは、イタリアの挑戦を受けた。そして開始4分、呆気なく均衡は破れる。勝利が必要なイタリアに先制点をもたらしたのは、八百長疑惑による2年間の出場停止が解けたばかりで、ここまで4試合無得点に終わっていたパオロ・ロッシだった。

「後にも先にもこれ以上に価値のあるゴールはなかった」とロッシは語った。

 アズーリ(イタリア代表の愛称)を率いるエンツォ・ベアルゾット監督は感慨も一入だった。
「私はロッシを実の息子のように思っていた。21歳の彼を代表に抜擢したのも私で、八百長疑惑にも関与していないと信じていた。だから復帰したロッシに再びチャンスを与えるのは当然だった」

 だが挑戦者として、まだ手放しで喜んだわけではなかった。
「負けるはずがないと信じる相手に先取点を狙うのは当然だ。もっともこの時点で私が言えるのは、考え得る最高のシナリオだったということだ。追いかける状況になればブラジルはさらに攻めて来る。そうなれば我々は、ますます戦いやすくなる」

 ただしブラジルにも動揺はなかった。例えば最後尾で守備を統率するオスカーは「ラッキーなだけだ」と意に介していなかった。
「ロッシを警戒する必要はない。それより(ジャンカルロ)アントニオーニ、(ブルーノ)コンティ、(フランチェスコ)グラッツィアーニに注意が必要だ、と試合前に確認していた。イタリアはカウンターに頼るだけなので、こちらは両サイドバックが同時に攻め上がっても抑えきる自信はあった」

 ブラジルの強さが鳴り響くようになったのは、1年前の欧州遠征からだった。フランス、イングランド、西ドイツを相手にアウェーで3連勝を飾り、地域予選から本大会まで全勝で優勝を飾った1970年のチームとの比較が始まるのだ。1966年にイングランド代表主将としてワールドカップを掲げたボビー・ムーアは絶賛した。

「このブラジルは、ペレが引退して以降では最高のチームだ」

 しかしそんなブラジルにもふたつのアキレス腱があった。GKと9番(ストライカー)である。規律を重んじるテレ・サンターナ監督は、前2大会でレギュラーとしてプレーしてきた攻撃的性格のレオンを招集せず、両大会で控えだったバウジール・ペレスを起用したが、開幕戦のファンブルに始まり不安定なパフォーマンスが続いた。また9番も、16歳でプロデビューを果たし「神童」と騒がれたレイナウド、20歳で急成長中のカレッカ、さらにはフラメンゴでジーコとのコンビが冴えたヌネスが相次いで故障。サンパウロFCでゴールを量産していた長身のセルジーニョを抜擢するが、MF陣の才能と比べてしまえば、あまりに平凡だった。もし3人の候補のうちひとりでも健在なら歴史は変わっていたのかもしれない。

 一方ブラジルの破壊力に立ち向かうイタリアサイドで最も重要な役割を託されたのが、本来右SBで身体の強いクラウディオ・ジェンティーレだった。アルゼンチン戦ではディエゴ・マラドーナをマークし、苛立たせて退場に追い込んでいた。

「私にとって生涯最高の試合だった。マラドーナを消してアルゼンチンも消えた。まだディエゴは若くて、あくまで真っ向から1対1を挑んできた」

 しかしブラジル戦を前に、ベアルゾット監督はジェンティーレに一言だけ声をかけた。
「ジーコはマラドーナとは違うぞ」

 ジェンティーレは、それで全てを悟ったという。

「ジーコ自身の上手さも脅威だが、それ以上に彼を取り巻く選手たちの能力が高かった。だからジーコ対策は、あくまで攻撃の芽を摘み取ることを主眼としなければならなかった。私はふたつのエリアに重点を置いた。ジーコが攻撃のアクションを始めるセンターサークルから10m入った地点、もうひとつはバイタルエリア、そこではジーコがファウルを取りに来る」

 ジェンティーレはジーコに手厳しい洗礼を続けた。しかし円熟の境地にあるジーコは、まったく怯まなかった。

 11分、ジーコはジェンティーレに密着されながらも、スローインを受けると右足ヒールで身体の後ろからボールを通すと、間髪を入れずに内側から追い越していくソクラテスに完璧なスルーパスを送る。シュートコースを探すのは難しかったが、ソクラテスはニアサイドを抜き試合を振り出しに戻した。

「この試合で最も美しいプレーが私の目の前で生まれてしまった。ジーコの最高の技は誰にも止められない」(ジェンティーレ)

 アズーリでは最も感性がブラジルに近かったファンタジスタのアントニオーニが言う。
「ブラジルとはまったくテクニックが違っていたから、ある程度彼らにプレーさせるのは当然だった。反面ブラジルは、ポゼッションこそがサッカーだと思っているところがあり、とにかく遅攻が多い。だから我々は引いて待ち、奪って攻めることに徹した」

 ベアルゾット監督も繰り返し「あの緩い横パスを狙え」と言い続けていた。24分、イタリアの追加点は、まさに狙い通りだった。

 イタリアが引いて守備陣形を整えた状態で、ブラジルはGKからビルドアップを始め、最後尾近く右寄りでパスを受けたトニーニョ・セレーゾが、ゆっくりと横パスを送る。だがボールはファルカンとCBルイジーニョの中間地点に流れ、抜け目なく奪い取ったロッシが2点目を決めた。

「ブラジルのDFは、細かく横に繋ぎながらリズムを掴もうとする。逆にそのリズムを壊せば、縦パスを狙いに来る。しかし縦パスは限られたコースを抜こうとするものだから、こちらは読み易くなる。その瞬間がカウンターの出発点になる」(ロッシ)

 イタリア陣営は緻密な戦略を立てていた。例えばジーコと痺れるような駆け引きを繰り広げていたジェンティーレが、もし退場処分を受けた場合の対応策も描いていた。実際に前半でCBのひとり、フルビオ・コロバティが故障で退いた際にも、躊躇なく18歳のジュゼッペ・ベルゴミを送り込んでいる。

 さらに1点をリードして前半を終えると、指揮官はロッシのワントップ移行を指示した。
「戦略の軸はジーコを止めること。ただし他のMF3人にも注意を怠るわけにはいかなかった。流れはこちら側にある。だがあの4人がいる限り一瞬にして変わってしまうこともある。奇跡を起こすなら、彼らの魔法を消さなければならなかった」

 しかしブラジルの魔法は、消えていなかった。67分、左SBのジュニオールが高い位置でキープし、アウトカーブで逆サイドへ展開。受けたファルカンは、斜めに走るトニーニョ・セレーゾの動きにDFが釣られた一瞬の隙を見逃さなかった。セレーゾへパスを送るフェイクを入れると、そのままカットインをして左足を一閃。後に日本代表監督を務めるクールな天才が、思い切り咆哮した。

 普段はローマでチームメイトだったコンティが語った。
「リーダーとしての資質を備え、中盤のバランスの取り方、攻守が切り変わる時の動き、自分がどんなポジションを取り、味方をどう動かしていくのか。すべてにあれほど無駄のない選手を見たことがない」

 2-2、勝つしか道が開けないイタリアは、本来なら窮地に追い込まれたはずだった。アズーリが狙うカウンターは、ブラジルが攻撃に出てくることを前提としていたからだ。

 だがイタリアのベアルゾット監督は、それでもブラジルが攻勢を強めてくることを読み切っていた。事実ブラジルは、この後セルジーニョに代えて、右サイドにドリブラーのパウロ・イシドロを送り込み、ソクラテスが前線にポジションを取るようになった。

「ブラジルにはブラジルに相応しい戦い方がある。我々とは明らかに異なる考え方で、それがぶつかり合うのがワールドカップだ。だからテレ・サンターナの交代策を間違いだとは言えない。しかし少なくとも私には考えられない。同点になってもブラジルは新しいFWを入れて、後ろを振り返ることもなく攻め続けて来た。だから相変わらずアズーリには多くのスペースが残されていた」

 73分、イタリアがCKを得て、こぼれ球をマルコ・タルデリがボレーで叩く。するとGKの前に立っていたロッシがコースを変えてハットトリックを達成した。

「CKが上がった瞬間に、ブラジルはラインを上げるべきだった。ところがなぜかルイジーニョ(CB)はGKの隣に立っていて、僕とタルデリのふたりを相手にしている状態だった。イタリアならユースレベルでも、あんなポジショニングのミスはない。ルイジーニョがあそこに残っていなければ、僕はオフサイドだったのだから」

 これでコンティは確信した。
「もう彼らは追いつけない」

 確かにイタリアは、残り3分で4点目を決めているが、主審のミスジャッジで取り消された。幻の4点目を決めたアントニオーニが振り返る。

「ブラジルはこの時代で最高のサッカーをしていた。もしこのブラジルと10回戦ったら、せいぜい勝てて2回程度だろう。でもこの試合に関しては本来4−2。我々は完璧に戦術を実践し、そのくらいの差はあった」

 またジーコをマークしたジェンティーレは、こう総括した。
「ブラジルの不幸はあまりに多くの才能が集まり過ぎたことだ。その過信が謙虚さや相手に対する敬意を忘れさせてしまったのではないか。そうでなければ、イタリアが彼らを破ることなど不可能だったはずだよ」

 こうして最高傑作だったブラジルは散った。だがサッカー史に残る世紀の番狂わせも、イタリア側の視点に立てば必然性があった。

 豪華タレントを最後尾で支えたオスカーは、その後来日して日産自動車で現役を終えると、監督1年目で三冠を達成している。彼が貫いたのは「1−0」の美学で、隙のないスタイルだった。
(※なおイタリア代表スタッフのインタビューは、現地在住の宮崎隆司氏に託して実現したものです)

文●加部 究(スポーツライター)

関連記事(外部サイト)