【Jリーグ出生地別選手数ランキング】Jリーガー“空白”となった県がひとつ。一方、昨季より最多の17人増えた都道府県は?

【Jリーグ出生地別選手数ランキング】Jリーガー“空白”となった県がひとつ。一方、昨季より最多の17人増えた都道府県は?

日本全国各地から選手が集まるJリーグ。出生地別ランキングの結果は……。(C) SOCCER DIGEST



 2020年シーズンのJリーグは、FC今治が新たにJ3に参入。U−23チームを除き、計56クラブとなった。またJクラブを持つ都道府県は39に上り、国内出身の登録選手は4月22日時点で1526人。

 本稿では1526人の出生地を「Jリーグ公式サイト」のデータを基に集計、ランキング化。果たして、最もJリーガーを多く輩出している都道府県はどこなのか。下位から順を追って見ていきたい。

――◆――◆――

 昨季はJリーガー“空白”となった都道府県がなかったが、今季は高知県出生の選手が登録されていない。昨季まで讃岐に在籍していた濱口草太が地元の高知ユナイテッドSC(JFL所属)へ移籍したことで、0人となってしまった。また、宮城県を除く東北の5県が38位タイ以下という結果になったが、福島出生の萩、山形出生の土居など実力者が並んでいる。

 
47位:高知県 0人(昨季:1人)

45位タイ:福島県 2人(昨季:1人)
出生者:萩洋次郎(FC東京)、佐藤遥大(G大阪)

45位タイ:福井県 2人(昨季:2人)
主な出生者:下口稚葉(岡山)、梅井大輝(相模原)

43位タイ:青森県 4人(昨季:5人)
主な出生者:櫛引政敏(山形)、新井山祥智(八戸)

43位タイ:島根県 4人(昨季:6人)
主な出生者:佐々木大樹(神戸)、金山隼樹(岡山)

40位タイ:岩手県 5人(昨季:5人)
主な出生者:山本脩斗(鹿島)、菊池流帆(神戸)

40位タイ:山形県 5人(昨季:4人)
主な出生者:土居聖真(鹿島)、半田 陸(山形)

40位タイ:香川県 5人(昨季:5人)
主な出生者:溝渕雄志(栃木)、高木和正(讃岐)

 

 
 20位〜30位台で大きく数字を減らしたのが26位タイの沖縄県だ。昨季は一昨季の13人から20人と大幅に輩出数を伸ばしたが、今季は5人少なくなり、15人。琉球に所属する沖縄県出生者も昨季の9人から3人となった。
38位タイ:秋田県 6人(昨季:4人)
主な出生者:摂津颯登(山形)、加賀健一(秋田)

38位タイ:鳥取県 6人(昨季:5人)
主な出生者:高橋祐翔(大分)、世瀬啓人(鳥取)

37位:石川県 7人(昨季:5人)
主な出生者:豊田陽平(鳥栖)、作田裕次(金沢)

35位タイ:富山県 8人(昨季:11人)
主な出生者:毛利駿也(湘南)、中島裕希(町田)

35位タイ:佐賀県 8人(昨季:9人)
主な出生者:樋口雄太(鳥栖)、篠原弘次郎(福岡)

34位:岐阜県 10人(昨季:10人)
主な出生者:志知孝明(横浜FC)、佐藤和弘(大分)

31位タイ:和歌山県 11人(昨季:7人)
主な出生者:奥田晃也(水戸)、酒本憲幸(鹿児島)

31位タイ:岡山県 11人(昨季;11人)
主な出生者:山ア凌吾(名古屋)、青山敏弘(広島)

31位タイ:徳島県 11人(昨季:10人)
主な出生者:實藤友紀(横浜)、小西雄大(徳島)

30位:長野県 12人(昨季:7人)
主な出生者:高橋義希(鳥栖)、田中隼磨(松本)

29位:山口県 13人(昨季:11人)
主な出生者:原川 力(鳥栖)、田中達也(新潟)

28位:山梨県 14人(昨季:13人)
主な出生者:柏 好文(広島)、藤本寛也(東京V)

26位タイ:宮崎県 15人(昨季:11人)
主な出生者:興梠慎三(浦和)、伊野波雅彦(横浜FC)

26位タイ:沖縄県 15人(昨季:20人)
主な出生者:知念 慶(大分)、田口泰士(千葉)

24位タイ:奈良県 16人(昨季:15人)
主な出生者:阿部浩之(名古屋)、古橋亨梧(神戸)

24位タイ:長崎県 16人(昨季:18人)
主な出生者:山村和也(川崎)、梅崎 司(湘南)

23位:滋賀県 19人(昨季:23人)
主な出生者:高橋祐治(柏)、岩崎悠人(湘南)

22位:宮城県 21人(昨季:15人)
主な出生者:遠藤 康(鹿島)、今野泰幸(磐田)

21位:愛媛県 22人(昨季:16人)
主な出生者:川又堅碁(千葉)、藤本佳希(愛媛)

20位:京都府 25人(昨季:21人)
主な出生者:駒井善成(札幌)、松井大輔(横浜FC)

 

 11位〜19位では大分の岩田や、鹿島の上田、新潟の本間など出生地にある地元クラブで活躍している選手が多い。いずれもその育成組織を経験し、順調に成長してきたと言えるだろう。

 一方で11〜19位の都道府県で唯一、Jクラブがない三重県だが、昨季より7人も多く、安定した供給を続けている。
19位:新潟県 26人(昨季:18人)
主な出生者:酒井高徳(神戸)、本間至恩(新潟)

17位タイ:群馬県 27人(昨季:25人)
主な出生者:高橋秀人(鳥栖)、田中稔也(群馬)

17位タイ;大分県 27人(昨季:22人)
主な出生者:清武弘嗣(C大阪)、岩田智輝(大分)

16位:栃木県 29人(昨季:26人)
主な出生者:金子翔太(清水)、西谷優希(栃木)

15位:鹿児島県 30人(昨季:35人)
主な出生者:遠藤保仁(G大阪)、中原秀人(鹿児島)

14位:茨城県 31人(昨季:30人)
主な出生者:上田綺世(鹿島)、大津祐樹(横浜)

13位:広島県 33人(昨季:36人)
主な出生者:槙野智章(浦和)、森重真人(FC東京)

12位:三重県 34人(昨季:27人)
主な出生者:金崎夢生(名古屋)、山口 蛍(神戸)

11位:熊本県 39人(昨季:36人)
主な出生者:谷口彰吾(川崎)、松岡大起(鳥栖)

 


 トップ10には人口が多い、都道府県が並び、1位の東京都から6位の静岡県までは昨季との同じ順位だった。注目は136人の大阪府で、昨季から17人増え、この増加数は47都道府県でトップ。そのうちG大阪とC大阪に所属する選手が30人という結果になった。
10位:福岡県 44人(昨季:41人)
主な出生者:井手口陽介(G大阪)、大久保嘉人(東京V)

9位:北海道 46人(昨季:46人)
主な出生者:宮澤裕樹(札幌)、西 大伍(神戸)

8位:兵庫県 52人(昨季:51人)
主な出生者:家長昭博(川崎)、昌子 源(G大阪)

7位:愛知県 53人(昨季:44人)
主な出生者:伊藤 翔(鹿島)、三浦弦太(G大阪)

6位:静岡県 78人(昨季:79人)
主な出生者:内田篤人(鹿島)、三浦知良(横浜FC)

5位:千葉県 103人(昨季:98人)
主な出生者:阿部勇樹(浦和)、大谷秀和(柏)、玉田圭司(長崎)

4位:埼玉県 118人(昨季:110人)
主な出生者:橋岡大樹(浦和)、渡辺 剛(FC東京)、オナイウ阿道(横浜)

3位:大阪府 136人(昨季:119人)
主な出生者:杉本健勇(浦和)、室屋 成(FC東京)、倉田 秋(G大阪)、柿谷曜一朗(C大阪)

2位:神奈川県 151人(昨季:139人)
主な出生者:田中 碧(川崎)、仲川輝人(横浜)、中村俊輔(横浜FC)、齊藤未月(湘南)

1位:東京都 176人(昨季:168人)
主な出生者:林 彰洋(FC東京)、中村憲剛(川崎)、斉藤光毅(横浜FC)、太田宏介(名古屋)

 

関連記事(外部サイト)