【岩本輝雄の英雄列伝|森保一編】鋭い観察力と的確な助言。太腿の筋肉も半端ない!

【岩本輝雄の英雄列伝|森保一編】鋭い観察力と的確な助言。太腿の筋肉も半端ない!

現役時代は仙台(写真)ほか、マツダ/広島、京都でプレーした森保。日本代表でも献身性溢れる守備的MFとして活躍した。(C)SOCCER DIGEST



「森保一」という選手をちゃんと認識したのは、93年ぐらいかな。翌年のアメリカ大会でワールドカップ初出場を目指す日本代表で活躍していて、最初は「この名前、なんて読むの? モリ? モリホ?」みたいな(笑)。名前から入りましたね。

 そんな森保さんとは、94年のファルカン時代の日本代表で初めてチームメイトに。ただ、一緒にプレーする機会がそこまで多くなかったから、正直、あんまり印象に残っていない。というか、当時の僕の中ではまだ「あ、テレビで見たことある人だ」という感覚だった。

 距離がグッと縮まったのは、それから数年経ってから。98年、僕も森保さんもそのシーズンに京都に新加入。森保さんはまとめ役として、良きお兄さんみたいな感じで、チームの中心的存在だった。免許のない僕は、たまに家に迎えにきてもらったりしてね(笑)。

 しょっちゅう話をしていましたね。サッカーのことはもちろん、人間的な部分についても。まあ、その頃の僕は、ありていに言えば、反発心が強かったというか、言うことをあまり聞かないタイプというか……そんな僕に、いろいろとアドバイスをしてくれました。こういう時は、こうしたほうがいいぞ、とか。
 
 京都時代は、シーズン途中に監督がオフトから清水秀彦さんに代わって、中盤は菱形に。トップ下はシーラス、右に山田隆裕、左に僕、そしてアンカーが森保さん。ここは絞って、このタイミングは外に出てとか、頻繁にそういうコミュニケーションも取っていた。

 さらに、02年には、仙台で再び、チームメイトに。練習場には、選手たちが着替えたり休んだりする部屋があって、そこで僕はいつも練習前に軽い筋トレのメニューをこなすんだけど、森保さんもその場に必ずいたんだよね。一緒にトレーニングをしながら、そこでもいろんな話をしていた。

 内容は、「あそこでクロスを上げたほうがいいんじゃない?」とか、もちろんサッカーの話はするけど、今後の人生についてとか、他愛のないことだったり、くだらないことだったり。でも、それが“日常”だったからね。仙台で一緒にプレーしたのは2年間だけど、今思えば、贅沢な時間だったよね。僕にとっては、本当に財産だよ。

【PHOTO】日本代表の歴代ユニホームを厳選写真で振り返り!(1992-2020)

 選手としては、改めて僕が言うまでもなく、超一流。汗かき役で、潰し役でもある守備的MFで、その献身的なプレーでチームを下支えする。体脂肪が少なく、筋力が凄い。太腿の筋肉とか半端ないから。だから、球際も強いし、ミドルシュートもパンチがあった。

 実力は間違いないから、僕も森保さんが言うことなら、素直に聞くことができた。とにかく、的確なんだよね。冷静に、いろんなことをよく見ているからこそ、だと思う。僕なんて、自分のことしか考えていなかったけど(笑)、森保さんは観察力が鋭くて、周りへの気配りも行き届いている。

 広島時代にはJリーグを3度優勝して、今や代表監督にまで上り詰めたけど、そういう実績や地位を鼻にかけないし、まったく偉ぶらない。損得勘定がない人。今でも時々、電話で話したりするけど、あの頃のままだよ。

 こんなにできた人間はいないんじゃないかって、そう思う。本当にお世話になっているし、今でも勉強させてもらっています!
 

関連記事(外部サイト)