【セルジオ越後】代表監督時代は批判もしたけど…土の上でサッカーをしてくれたジーコに感謝!

【セルジオ越後】代表監督時代は批判もしたけど…土の上でサッカーをしてくれたジーコに感謝!

発足当時のJリーグを支えたジーコ(上段中央)。世界のスターが来てくれたことに感謝したいと越後氏。(C) Getty Images



 新型コロナウイルスの感染拡大によって全世界の経済活動が停滞してしまっている。サッカー界も言うに及ばず、リーグ戦はどこも中断を余儀なくされて、ヨーロッパの一部では中止を決断する状況にもなった。Jリーグもちょっと再開の時期が見通せなくなっているね。

 そんななかでスポーツに関する報道もネタが限られているよね。最近、新型コロナウイルス関連のニュースのほかでよく目にするのは、過去の名場面や名選手を取り上げる企画だ。実は、僕も4月23日に発売される『サッカーダイジェスト』誌でのJリーグ歴代ベストイレブンの企画に参加して、懐かしの11人を選んでみた。

 僕がどんな11人をピックアップしたのかは、雑誌のほうを読んでもらいたいんだけど、今回は「長くJリーグを支えてくれた選手」という基準で選んだから、本当は挙げたいけど、敢えて選ばなかった選手が何人かいたんだ。そんななかでも、とりわけ挙げておきたい二人の人物について話したい。

 まずひとり目は、すでに一度は引退しながらもJリーグ発足にあたり、住友金属(鹿島の前身)からのオファーで復帰したジーコだよ。僕は彼が日本代表の監督をやっていた当時に、散々批判してきたからアンチ・ジーコだと思っている人も多いかもしれないけど、日本サッカーを底上げして、Jリーグを日本に根付かせてくれたという意味では本当に大きな貢献をしてくれたと思って感謝しているんだ。

 世界中の誰もが知っているスーパースターがJリーグ発足前の日本にやってきて、時には土の上でもサッカーをやらなければいけない環境を選んでくれた。これは本当に凄いことだよ。少年時代から芝生の上でサッカーをしてきた今のJリーガーに、そんな覚悟は持てるかな? しかも周りはアマチュアからプロになりたての選手ばかりだ。

 僕もブラジルから来日した当初は、パワフルな釜本(邦茂/ヤンマー)さんやエレガントな宮本輝紀(新日鐵)さん、スピードのある杉山(隆一/三菱重工)さんのプレーには驚かされたものだけど、そうした選手は一握り。ガッツや根性のある選手はいっぱいいたけど、そのレベルといったら……。おそらくジーコも、環境にしろ、サッカーのレベルにしろ、言いたいことは山ほどあったはずだよ。

 もちろん、ジーコのほかにも発足当初のJリーグを支えてくれた選手としてはファンタスティックな技術で楽しませてくれたピクシーやリトバルスキー、あるいはラモス瑠偉やカズがいた。さらに日本リーグ時代に遡ればネルソン吉村、ジョージ与那城といった選手たちがレベル向上のために引っ張ってきてくれた。

 ここ数年でまたフォルランやイニエスタといったビッグスターが来てくれるようになったけど、彼らが活躍するためのレールを引いたのは間違いなくJリーグ発足当初のスター選手たちだよ。そのなかでもジーコはとりわけJリーグの“看板”としての大きな役割を果たしてくれたんじゃないかな。
 

 歴代ベストイレブンに選ばなかったなかで、もうひとり挙げておきたいのが中田英寿だ。ヒデはJリーグでは3年半ほどしかプレーしなかったけど、特に3年目、4年目のインパクトは凄かったよね。

 ヒデの功績として大きいのは、日本人選手として初めて“海外移籍”したことだよ。正直、彼がペルージャに移籍するより前の移籍は、留学的な側面が強かった。移籍先のチームも初めから選手の実力を評価して取ったわけじゃなくて、まず練習させて実力を測ったうえで契約したり、あるいはマーケティングの側面を大いに期待しての契約だったはずだ。

 もちろん、ペルージャに移籍したヒデにもクラブがまったくマーケティング効果を期待しなかったわけじゃないと思うけど、ワールドカップで魅力的なプレーをして選手としての正当な評価を得たうえで、プロ化した社会に海の向こうからオファーが届いた。あの移籍が、日本人が実力で勝ち取った“初めての”海外移籍だったと思うよ。

 そして、そのヒデのイタリアでの活躍によって、日本代表の主力選手たちに海外から次々とオファーが来るようになった。ただし、その後は代理人が売り込んでねじ込むような移籍も増えていったから、現状は一概に実力で勝ち取った移籍とばかりは言えないけど、ジーコと同じく道筋をつけたという意味では、ヒデの貢献も大きいよ。

 ただし、そんなヒデも欧州のビッグクラブでレギュラーに定着するところまではいけなかった。その後、長友がインテルでしばらくレギュラーを務めたけど、マンチェスター・ユナイテッドに所属した香川しかり、ミランに移籍した本田しかり。花形の攻撃的な選手では、いまだビッグクラブで主軸となり、活躍したケースは出ていない。

 日本サッカーがさらにもう一歩ステップアップするためにも、そういう選手が出てくることを望みたいね。

関連記事(外部サイト)