「白いヒゲのシンジ!」「誘ってくれたら…」ドルトムントが地元ビールの“広告塔”に香川真司を起用!? ファンから反響続々!

「白いヒゲのシンジ!」「誘ってくれたら…」ドルトムントが地元ビールの“広告塔”に香川真司を起用!? ファンから反響続々!

黄色いユニホーム姿の香川をファンも懐かしく思ったようだ。 (C)Getty Images



 ドイツ1部のドルトムントは現地時間4月23日、かつて所属していた日本代表MF香川真司の秘蔵写真を公開した。

 この日は現地で「ドイツビールの日」として親しまれている。この投稿は、新型コロナウイルスの影響で深刻な影響を受ける地元の醸造メーカーをサポートするために行なわれたようだ。

 公式SNSは、「ブリンクホフのビールを、ボルシアのあなたに! #広告だよ」というコメントとともに、香川の写真を投稿。当時ドイツでの2年目を迎えていた若武者は、2011-12シーズンの優勝記念Tシャツに身を包み、メーカーロゴ入りのジョッキを手にしている。
 
 抱えているジョッキは上半身を覆うほどの大きさで、中には黄金色のビールと白い泡がたっぷり。口いっぱいに含んで頬を膨らませた香川は、鼻の頭には泡を乗せ、なんとも無邪気な表情を浮かべている。
 

 地元ビールの“広告塔”として登場した香川に、ファンからは「僕らのレジェンド!」、「白いビールのヒゲのシンジ(笑)」、「ピッチで飲むビールはさぞうまかっただろう」、「彼こそブリンクホフの王だ!」、「誘ってくれたらすぐに飲みに行く準備はできている」、「ビールとフットボールのレジェンド」など、多くのコメントが寄せられた。

 新型コロナウイルスの影響は、フットボールを支えるスポンサーにも及んでいる。苦しい状況が続くなか、「またスタジアムでビールを飲みたい」、「勝利の味が待ち遠しいよ」といったサポーターの声に、クラブは「また必ず、ともに飲もう!」というメッセージを送っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)

×