シマオ・マテが明かすプロ入りのきっかけ、腕に刻まれた日本語、そして真面目さが窺えるマル秘エピソードも?

シマオ・マテが明かすプロ入りのきっかけ、腕に刻まれた日本語、そして真面目さが窺えるマル秘エピソードも?

今季からキャプテンに就任したS・マテ(中央)。名古屋との開幕戦ではゴールを決めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)




 J1の月間MVPに輝いた昨年6月頃のS・マテは、来日1年目にして仙台の主軸になっていた。

 とはいえ、すぐさまJリーグに馴染めていたわけではない。J1デビューを果たした2節の横浜戦は1−2で敗れ、3節の神戸戦では得点を奪う活躍もあったが、1−3の敗戦。その後も、チームが勝てない状況で次第に先発から外され、ベンチ外の試合も多くなっていった。

 ターニングポイントは14節の名古屋戦だ。これまで主にボランチ起用されていたS・マテが、この試合はCBで出場。結果、強さ、高さに加え、統率力も見せて3−1の勝利に大きく貢献したのだ。

 もっとも、これまでギリシャやスペインでのプレー時はボランチに加え、CBもこなしていたのだから、そつなくこなせるのは不思議ではない。

 

 本人も「(仙台に)来た時から(ボランチでもCBでも)どちらもできると知っていただいている。どのポジションでプレーするかは監督が決める」と説明する。ちなみにプロ入りのきっかけは、たまたま務めたCBのプレーを評価されてのことだとインタビュー時に教えてくれた。

 また、腕章を巻く試合もあった昨季を経て、今季から正式にキャプテンに就任。来日2年目にしての重役を与えられたのはS・マテの人格にあるのだろう。試合中は誰よりも大きな声で指示を出し、味方がラフプレーを受ければ、激しく抗議。得点シーンでは自分のことのように喜ぶ。仙台の広報担当も「彼は絶対にラフプレーをしない」と選手以外からも高評価を受ける。まさに打ってつけの存在だ。

 そんなS・マテも、ピッチを離れれば温和な選手だ。ミックスゾーンでは、どんな試合の後でも丁寧に話をしてくれて、最後に握手を求めてくれる。さらにインタビュー時にチームメイトの関口訓充にいじられても優しくツッコんでいた(日本語ではなかったので、内容は不明だが)。

 


 日本に馴染もうとする意識も高く、来日約半年の時点で夫婦揃って日本が、仙台が気に入ったと言っていた。それは左腕に刻まれている「幸運」「忠誠」のタトゥーからも分かるだろう。

 最後に昨季S・マテにインタビューした際に印象に残った言葉を紹介しよう。それは「自分を知ってもらいたいという気持ちはない。チームの勝利が一番」だ。謙虚、真面目、協力的で、インタビューの誌面で使用するカットを撮影する際は、練習後にもかかわらず、全身ユニホームを着てくれた。クラブハウスの道を挟んだ反対側にある練習場まで、通訳の運転する車で来たのはスパイクまで履いてくれていたから。もちろんシートベルトをきちんと締めて。

 中断によりプレーが見れないのは残念だが、再開後にどんなプレーを見せてくれるだろうか。ピッチでは熱い、ピッチ外では温和なパフォーマンスに期待したい。

文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

 

関連記事(外部サイト)