【柏】瀬川祐輔の無名時代。「きっと生意気だった」中学・高校から、「怒られっぱなし」の明治大での変化

【柏】瀬川祐輔の無名時代。「きっと生意気だった」中学・高校から、「怒られっぱなし」の明治大での変化

柏の瀬川がアマチュア時代のキャリアについて明かしてくれた。写真:徳原隆元



 いまだ色褪せていない高校時代の記憶と現在を照らし合わせると、つくづく「あぁ、まさかレイソルの主力になるなんて……」と正直に思う。

 柏の瀬川祐輔についてである。

 なぜなら瀬川は高校時代、プロとは程遠い無名の存在だったからだ。出身は全国大会とは無縁の日大二高。当時、筆者の母校が近隣校だったこともあり、練習試合のみならず全国高校選手権の東京都予選出場を目指す地区予選で対面した経験もあるが、そこは高校年代のトップレベルとはかけ離れた環境だった。

 それが、柏での1年目に25試合・9得点、2年目の昨季はJ2の40試合で8ゴ−ル・11アシストを記録。ネルシーニョ監督からの信頼も厚いようで、今季も開幕スタメンを飾った。J1優勝経験がある柏の主力に成長した瀬川の原点とは? ここでは「無名」とも呼べる瀬川の若き日のキャリアを振り返る。

――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――
 
 サッカーを始めたのは6歳。高校まで全国とは無縁のチームに所属したため、日の当たらない道を歩んで来た。とはいえ、ジュニア時代に所属した雪谷FCでは実力は図抜けていた。

「2、3歳学年上の試合に出ていました。小学校6年生の時はブロック選抜に選ばれていました」

 その後に進んだ日大二中でも、サッカー部内での立ち位置は変わらない。

「1年生の時から、3年生の試合に出させてもらいました。当時は、自分が一番上手くて、それが当たり前と思っていました。きっと生意気だったかも」
 
 そこまで能力があるなら、高校はサッカー強豪校に進学するのが普通だろう。だが、そもそも大学までつながっている付属校に進路を絞って中学受験したため、「絶対だと思って」日大二高に進んだ。サッカー部もほとんどが中学から上がった同じメンバーであり、変わらない環境で瀬川の自信は膨れ上がった。

「守備した記憶は、あまりないですね。戦術も分かっていないし、とにかくボールを持ってなにができるかしか考えていませんでした」

 自信満々で言わば王様″状態に近い瀬川だったが、成長を促してくれるふたりのキーマンに出会う。ひとり目は、釜澤裕輔コーチである。

「ディフェンスラインでの駆け引きはカマさんが教えてくれました。小学校から高校までサッカーは考えないでやっていましたけど、カマさんは自分で試合に出て背中で教えてくれて、僕も自然と身に付きました」

 そして、高校3年生の途中に、元日本代表の山田隆裕が監督に就任した。元プロの指導は、また違った刺激があった。

「高校っぽくない教え方でしたね。練習時間が短くて、戦術的なパスの動かし方とか決まり事がありました。元プロで信頼できる実績があるから、褒められれば自信になりました」

 しかし、高校3年時のインターハイと全国高校選手権は、地区予選を勝ち進んで東京都予選に出場したが、ともに東久留米総合高に敗戦。どちらの大会も全国への切符を掴んだ高校に、力及ばなかった。
 プロサッカー選手はずっと夢だった。だが、どんなルートを辿るべきか分からず、無名のまま高校サッカーを終える。これまでは付属校への進学で進路が決まってきたが、ずっと「強いチームでサッカーしたい」と思ってきた。そこで、大学サッカーの名門である明治大を目指すものの、実績がないためスポーツ推薦での入学は難しかった。

「学校の試験勉強をしっかりしてきたので、おかげで大学に入れましたね。日大二高にある指定校推薦枠で、明治大に入学しました」

 いざ、強豪のサッカー部に入部。たが、鼻っ柱をへし折られた。

「通用しなかったです」

 自信があったプレーは歯が立たず、しばらく試合に出られなかった。それも今まで経験のない長い期間。その間、何を考えていたのか。

「1、2年の時は、『もう出られないや』と思っていた。周りの目を気にするタイプなので、自分のプレーで迷惑が掛かっていると思うと、仮に試合に出ても緊張してしまう。3年生になって、上級生だとそういう気持ちはなくなったけど、それでも試合には出られなかった」

 ハイレベルなメンバーのなかで、自分のプレーを責め立てられる日々も続いた。そして、気づく。

「言われまくって、何度も不貞腐れて、子どもでしたね。怒られっぱなしで、自分を知れました。我慢強くなくてメンタルが弱い。実はプライドが高いのに、自信がない」

 劇的な環境の変化に苦しんだ。それでも逞しく成長できたのは間違いない。

「練習中からよく考えるようになりました。あとは、メンタル面のコントロールもできるようになりましたし、ずっと自主練もしていました」

 だが、時間だけが過ぎていく。

「3年生の時、ほとんど試合に出ていなくて、就職活動を始める時期になっていました。就職するつもりで逆算して、1月・2月ころから就活しました。選考が進むほど、意外と嫌なものでもなかった」

 ずっと目標にしてきたプロから、就職へ気持ちは傾きかけていた。

 そんななか、サッカー面では努力が実を結び、4年生で待ちに待ったチャンスがやってくる。5月のアミノバイタルカップ(関東大学トーナメント)だった。

「初戦の城西大戦が、1-0とギリギリの試合で、監督の雷が落ちるほど内容が悪かった。そしたら、2回戦の朝鮮大戦(〇6-0)で起用してもらえて、パフォーマンスが良くてゴールも決めました」

 以降はスタメンに定着し、チームもアミノバイタルカップを制覇。12月の全日本大学選手権でも活躍して2回戦の中京大戦(〇3-0)ではゴールも決めた。そして、当時J2の群馬からオファーが届く。しかし、すでに大手企業からの内定を受けていた。ふたつの選択肢を天秤にかければ、恐らく大手企業への就職の方が安定した道と言えるだろう。

「色んな人に相談しました。だけど、実際は心の中で決まっていました。プロをずっと目標にしてきましたし、仕事するより好きなサッカーをした方がいいですから」

 もちろん内定をもらった会社に申し訳ない気持ちはあっただろう。だからこそ、周囲に相談したのかもしれない。だが、瀬川はプロへの想いを止めることはなかった。
 

――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――

 決意を固めて群馬に入団し、プロ1年目はJ2の42試合で13ゴールを奪取。17年には当時J1の大宮へ移籍し、18年から所属する柏では冒頭で記したとおり、主力へと成長した。

「凄く居心地が良いですよね。選手や監督だけではなくて、コーチやスタッフ、裏方の人もみんな含めて、レイソルはアットホーム。僕にとって凄く重要なことで、それをクラブの歴史があるレイソルで迎えられて良かった」

 瀬川は柏での日々をそう語る。理想郷のクラブで、これからも活躍してくれるに違いない。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

関連記事(外部サイト)