【J1身長&体重ランキング】2メートルや100キロに到達した選手は? 190センチ台のGKを3人擁するクラブも

【J1身長&体重ランキング】2メートルや100キロに到達した選手は? 190センチ台のGKを3人擁するクラブも

FC東京の林(左)は195センチで4位タイ、札幌のチャナティップ(右)は158センチで614位という結果に。写真:茂木あきら、金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 2020年シーズンはJ1全18クラブで、2種、特別指定含めて615選手が登録されている。ここではJ1の615選手の身長&体重を「Jリーグ公式サイト」のデータを基に集計。それぞれのランキングを見ていこう。

――◆◆――◆◆――

【身長ランキング】
 トップ10の8選手がGKで、そのうち5選手が22歳以下と、若いGKの高身長ぶりが際立つ結果に。なかでも法政大在学中で、特別指定として札幌でもプレーする中野小次郎が唯一2メートルの大台に乗った。またFC東京からは波多野、林、野澤のGK3人が名を連ねた。GK以外ではFWの指宿洋史とオルンガがランクイン。やはりともに高さが武器で、前線の基点としてプレーできる。

 一方、下位に目を向けると、FWとMFの攻撃的な選手が並ぶ。仲川輝人、チャナティップ、長谷川竜也などドリブラーが多いのが特徴だろう。
 
【上位10選手】
1位:中野小次郎 200センチ (札幌/GK/21歳/特別指定)
2位:波多野豪 198センチ (FC東京/GK/21歳)
3位:指宿洋史 196センチ (湘南/FW/29歳)
4位タイ:
ク・ソンユン 195センチ (札幌/GK/25歳)
林 彰洋 195センチ (FC東京/GK/32歳)
茂木 秀 195センチ (C大阪/GK/21歳)
7位タイ:
オルンガ 193センチ (柏/FW/26歳)
野澤大志ブランドン 193センチ (FC東京/GK/17歳)
オビ・パウエル・オビンナ 193センチ (横浜/GK/22歳)
ランゲラック 193センチ (名古屋/GK/32歳)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【下位10選手】
606位タイ:
鮎川 峻 164センチ (広島/FW/18歳)
松田天馬 164センチ (湘南/MF/24歳)
杉本竜士 164センチ (横浜/MF/26歳)
長谷川竜也 164センチ (川崎/MF/26歳)
610位タイ:
金子翔太 163センチ (清水/MF/24歳)
鈴木史哉 163センチ (仙台/MF/17歳/2種)
612位タイ:
仲川輝人 161センチ (横浜/FW/27歳)
紺野和也 161センチ (FC東京/MF/22歳)
614位:チャナティップ 158センチ (札幌/MF/26歳)
615位:中川寛斗 155センチ (湘南/MF/25歳)
 

【体重ランキング】
 上位、下位ともに身長ランキングに比例したような結果となったが、身長ランキングのトップ10に入らなかった5選手(大久保択生、鈴木彩艶、チョン・ソンリョン、ジョー、レアンドロ・ダミアン)のうち、3選手が助っ人であることは注目点だ。ちなみに鈴木彩艶はガーナ人の父を持ち、海外の血を引いている。

 下位では、ともに高校生の16歳の甲田英將、17歳の鈴木史哉に加え、20歳のタワンなどの名前が並んだ。プロで戦う身体作りはまだまだこれからの年代だ。
 
【上位10選手】
1位:波多野豪 97キロ (FC東京/GK/21歳)
2位:林 彰洋 93キロ (FC東京/GK/32歳)
3位:大久保択生 92キロ (清水/GK/30歳)
4位タイ:
鈴木彩艶 91キロ (浦和/GK/17歳/2種)
チョン・ソンリョン 91キロ (川崎/GK/35歳)
ジョー 91キロ (名古屋/FW/33歳)
7位タイ:
レアンドロ・ダミアン 90キロ (川崎/FW/30歳)
野澤大志ブランドン 90キロ (FC東京/GK/17歳)
中野小次郎 90キロ (札幌/GK/21歳/特別指定)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【下位10選手】
602位タイ:
河井陽介 59キロ (清水/MF/30歳)
佐々木匠 59キロ (仙台/MF/22歳) ほか4名
608位タイ:
タワン 58キロ (C大阪/FW/20歳)
甲田英將 58キロ (名古屋/MF/16歳/2種)
金子翔太 58キロ (清水/MF/24歳)
鈴木史哉 58キロ (仙台/MF/17歳/2種)
紺野和也 58キロ (FC東京/MF/22歳)
613位タイ:
町田也真人 57キロ (大分/MF/30歳)
仲川輝人 57キロ (横浜/FW/27歳)
615位:チャナティップ 56キロ (札幌/MF/26歳)

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

関連記事(外部サイト)