【プレーバック歓喜の瞬間】手繰り寄せた涙の逆転劇。17年の川崎初優勝の舞台裏

【プレーバック歓喜の瞬間】手繰り寄せた涙の逆転劇。17年の川崎初優勝の舞台裏

2017年に遂に悲願のJ1制覇を成し遂げた川崎。サポーターとともに喜びを爆発させた。(C)SOCCER DIGEST



 記者席で一瞬、戸惑った。すべての条件が綺麗に揃い、「あれ、これで優勝なんだよな?」と。

 2017年のJ1の最終節。川崎は苦しい立場にあった。首位の鹿島とは勝点2差の2位。ホームで迎えた大宮との一戦は勝利が絶対条件で、磐田と対戦した鹿島が引き分け以下に終わらなければいけない。

 シルバーコレクターと揶揄され、何度もあと一歩のところで涙を飲んできた川崎にとっては、悲願成就へまたも高い壁が待ち受けているように感じられたのだ。

 約1か月前のルヴァンカップ決勝でも辛い現実に打ちのめされていた。下馬評では川崎有利と臨んだ運命の一戦で、まさかのミスもあり、C大阪の堅守速攻のゲームプランにはまって0-2で敗戦。ナビスコカップ時代を含めて“4度目の正直”として臨んだ決勝戦で、またも頂点には届かなかったのだ。

「なぜ勝てないのか」

 打ちひしがれた川崎陣営の表情は今でも忘れられない。試合終了直後は「今はちょっと先のことを考えられない」と口にする選手が大半だった。

 小林悠は「すごく悔しかった。キャプテンだけど人に気を配る余裕はなかった」と振り返り、最終ラインのリーダー谷口彰悟も「ルヴァンでひと区切りっぽい雰囲気が出てしまった」と語る。
 この時点でリーグは残り3戦。メンタルの切り替えは容易ではなかった。それでもチームは再び前を向いて走り出す。守護神・東口順昭のビッグセーブに何度も決定機を防がれた32節のG大阪戦は、82分のエウシーニョの値千金弾で制すと、33節の浦和戦は小林の妻に捧げる“バースデー弾”で首の皮一枚をつなぐ。やや足が鈍って来た鹿島の背中を追走したのだ。

 そして迎えた冒頭の大宮戦。詰めかけた観衆は、シーズン最多の2万5904人。試合前には小林がリーグ200試合出場の表彰として家族と記念撮影し、その光景に笑顔を見せるイレブンの姿があった。大舞台でプレッシャーに押しつぶされてきたこれまでの姿とは違う――なにか特別な予感をよぎらす一連のシーンでもあった。

 ちなみに小林も「実は試合前はちょっと緊張していたんです。でも上の息子が花束を渡してくれる時になぜか泣いていて。その姿がなんだか面白くてリラックスできました。そういう意味では息子に助けてもらいました」と述懐する。

 試合はわずか46秒で阿部浩之が先制弾を奪う最高の立ち上がり。その後はややペースダウンしたが、前半アディショナルタイムに小林が加点すると、後半もペースを握る。小林は81分までにプロ初のハットトリックを記録し、得点王レースでもトップに立つ。

「(ハットトリックの後、チームメイトが)異様にはしゃいでいたので、自分は(鹿島戦で)磐田が点を取ったのかと勘違いしてしまいました。そしたら『(得点ランキングでトップだった杉本)健勇が点を取ってないからお前、単独トップだぞ』と言われて、そっちかよと(笑)。正直、得点王よりもチームタイトルが重要だったので、鹿島戦のスコアのほうが気になりました」

 実を言うと、川崎は鹿島と磐田の情報を遮断して試合に臨む予定だった。実際に鬼木達監督は試合終了までその結果を知らなかったという。

 しかし、川崎のベンチメンバーの間では「鹿島と磐田の試合は0-0で進んでいる」という吉報が回っていた。どうしても気になったという小林もベンチの仲間からジェスチャーで鹿島のスコアを聞き、「このままいってくれ」と強く願っていた。

 
 80分をすぎてスコアは4-0。川崎がほぼ勝利を手中に収めた状況下で、多くの人の意識は鹿島の動向に傾いていた。「逆転優勝を果たせるのはないか」スタンドからも徐々にどよめきが起き始めていた。

 試合終盤に表示されたアディショナルタイムは5分。同時刻にキックオフされた磐田×鹿島のスコアはまだ動かない。そして90+6分、数分前に途中出場していた長谷川竜也がGKとの1対1を制してトドメの5点目を決め、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

 ベンチからは控え選手が一斉にピッチへ駆け込む。一瞬、長谷川のゴールを祝っているのか、逆転優勝に狂喜乱舞しているのか分からない。だが、パソコンで随時チェックしていた磐田と鹿島の一戦は0-0のスコアから動かないまま。そして観客席からは悲鳴のような声とともに「やったぞ!」という雄叫びが響く。

 ピッチでは中村がその場で泣き崩れ、多くの選手の目には涙が溢れる。電光掲示板には「磐田0-0鹿島」の文字が浮かび上がる。悲願のJ1でのタイトルを目指し続けたクラブにとって、創設21年目でついに歴史が動いた瞬間だった。

「ルヴァンカップでも準優勝に終わり、どこかで『勝てないのは自分が原因ではないのか』と考えている部分もあった。(優勝後は)今までの出来事が走馬灯のように流れていました」と語る中村は人目をはばからず号泣し、小林は「最初は自分ひとりでぶわーっと泣いて、はっと憲剛さんはどこだろうと我に返って探したら、憲剛さんも顔をくしゃくしゃにしていて。その姿を見たら余計に泣けてきて」と、ふたりは抱き合って喜びの涙を流し合った。

 試合後の優勝セレモニーでは、首位の鹿島のゲームで用意されていた優勝シャーレが間に合わず、「CHAMPIONS」とデザインされたボードや自前の特性の桶を選手たちは掲げた。

 それでも試合後の特別インタビューの際、小林の下にシャーレが到着。「来ました!」と呼びかけるクラブ広報に、満面の笑みで応じる小林。筆者とカメラマンはキャプテンが初めてシャーレを手にする瞬間に立ち会う幸運にも恵まれた。
 前述したようにルヴァンカップは決勝で敗れ、ACLでは準々決勝で浦和にまさかの大逆転負けを喫した。それでもリーグ戦は20節のFC東京戦から無敗(11勝4分)、得点数(71得点)はリーグトップで、失点数(32失点)はリーグで3番目の少なさという上々の数字だ。1敗のみとホームでの無類の強さも光った。

 中村は18年シーズンの開幕前に17年のチームを「15年間所属してきたなかで去年のチームが一番、強いと感じた。上手いだけでなくて、隙を見せないとか、負け試合を引き分けに持って行くとか、勝負強さがあった」と評している。

 風間八宏監督の下で技術力を極めたチームは、この年に就任した鬼木達監督の下で、守備力を強化。泥臭く、球際の勝負でも負けないチームへと成長した。中村の言葉にもあるように、傍から見ていてもリーグ戦では“負ける気がしない”強さがあった。この後、黄金期へと入るチームは、17年に記憶に残る歓喜の瞬間を迎えたのだった。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

関連記事(外部サイト)