柏木陽介が選ぶJ歴代ベスト11「浦和と広島から選出。中盤は“玄人好み”に」

柏木陽介が選ぶJ歴代ベスト11「浦和と広島から選出。中盤は“玄人好み”に」

赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。柏木が選んだのは、「信頼感は抜群」という興梠だ。(C)SOCCER DIGEST



 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、浦和の司令塔、柏木陽介の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 浦和と広島で一緒にプレーした“戦友”からキャスティングしました。もちろん他のチームでも良い選手はたくさんいるけど、人間性も重視したかったので、自分がよく知っている人たちを選んだ形です。

 GKの周ちゃん(西川)はすぐ決まりました。セービング技術は文句なし、フィードも正確で攻撃的サッカーには不可欠。優しいキャラクターも含め最高の守護神です。

 監督はミシャ(ペトロヴィッチ監督)。プロ15年のうち10年もお世話になっていますから。父親みたいな存在で人間的にも大きく成長させてくれた。僕はこの人がいなかったらJリーガーとして成功しなかったんじゃないかな。僕にとっては、そのくらいの恩人です。なによりミシャのスタイルはすごく魅力的でした。
 
 最後まで悩んだのは3バックです。左は広島ユース時代から一緒のマキ(槙野)。物怖じしないし、対人能力が高い。ガンガン攻撃参加していた頃の彼は相手にとってかなり脅威だったはずです。今もどんどん仕掛けてほしいですね。それにマキとは広島のジュニアユースからずっとやっていますから、気心も知れた間柄です。そんなに長いこと一緒におる選手なんてなかなかいないでしょ。外せませんよ(笑)。

 真ん中と右には(遠藤)航も捨て難かったのですが、ツボさん(坪井)とモリ(森脇)を入れました。ツボさんのカバーリング力はピカイチ。練習でもパスコースをことごとく消してくる素晴らしいDFでした。モリは伸び幅が驚異的。今でこそインターセプトとクサビのパスが図抜けて上手いけど、昔は正直よくプロになれたなってレベルだった。そう考えると、尊敬に値します。

 中盤には“玄人好み”というか、実際にピッチでプレーして本当の凄さが分かる選手を多めにセレクト。その代表が森アカズさん。この人は能力のアベレージがすごく高い。正直今まで一緒にプレーしたなかでも一番上手かった。日本代表に入らなかったのが不思議です。今回は入れられなかったですけど弟の浩司さんも同じ。このふたりがいたおかげでプロ入り当初の僕が自由にプレーできたと思います。あと阿部ちゃんは、最近は出番が減ってしまっているけど、だからこそ僕は、その存在の重要性を改めて気付かされました。いつもチームのバランスを取ってくれていたんだなと。多分一番僕のことを見てプレーしてくれていた人です。
 

 サイドのヒラさん(平川)も一緒にピッチに立ってこそ真の力が分かる。足が速く技術が高く、頭が良い。ここにいてほしいなっていうところに必ず走ってくれているんですよ。この人ほど総合力の高いサイドプレーヤーは他にいない。実際に浦和では、同じポジションに代表クラスの選手がいても、それを押しのけて試合に出続けていた。その実力は伊達ではありません。逆サイドのコマちゃん(駒野)も攻守のバランスは歴代トップクラスでした。両ワイドはこのふたりが間違いなくベストです。

 トップ下は(萩)洋次郎。これは仲良し枠(笑)。波長が合うし、彼とのプレーはいつも楽しかったです。でも技術力は確か。このチームの司令塔として期待したいですね。

 FWは(興梠)慎三と(佐藤)寿人さんという動き出しが鋭いふたりです。慎三はなんか常に目で追ってしまうんですよね。信じて動き出してくれるから、こいつにだけは絶対にパスをやりたいって思う。僕にとっても信頼感は抜群です。レッズで長くやっていて、僕のアシストの中で、慎三だったから届いたっていうものがいくつかあるんですよ。そういう完璧なゴールがね。最高の感覚を味わわせてくれるストライカーです。

 もうひとりの寿人さんもパスの引き出し方が凄い。この人の“ここしかないよ”っていうタイミングでの抜け出しによって、僕のパサーとしての才能を引き出してもらいました。オフシーズンには自主トレでグアムに連れて行ってくれて、プライベートでもお世話になっています。

 慎三と寿人さんのふたりがいたら、いくらでもスルーパスが通りそうで、絶対に楽しいと思う。まあ、その分大変かもしれないけど(笑)。そんな想像が膨らみます。

 このチームで実際に戦うとすれば、ハイラインでハイプレッシャーを仕掛けたい。マキとモリは上がり目で、ボランチふたりにバランスを取ってもらう。攻撃はサイドに厚みを持たせながら流動的に戦う感じかな。でも洋次郎は中央で捌けるし、慎三が少し下がり気味のポジションで出し手にもなれる。結構良いメンバーだと思いません? 意外とバランスを考えて構成するタイプなんですよ(笑)

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より、加筆して転載。
 

関連記事(外部サイト)