森保ジャパン再検証<SB編>後続の人材は揃うも長友&酒井に突出した存在感。東京世代にも奮起を求めたい

森保ジャパン再検証<SB編>後続の人材は揃うも長友&酒井に突出した存在感。東京世代にも奮起を求めたい

日本代表SBの座を争う5選手。左上から時計回りに酒井、長友、安西、佐々木、室屋。(C)SOCCER DIGEST



 2018年9月に発足し、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選に臨んでいる森保一監督率いる日本代表。

 国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのかまだ先は見えないが、いずれ来る活動再開に向けて、ここまで森保監督がどのようなチーム強化をしてきたかを検証しておく必要がある。ポジションごとに誰が使われ、現状の序列がどうなっているかを今一度、振り返る。

 2018年9月のコスタリカ戦(吹田)から船出した森保ジャパンにおいて、明確な序列ができているポジションと言えるのが左右の両SBだろう。右サイドの酒井宏樹(マルセイユ)は2014年ブラジル・2018年ロシアと2度のワールドカップを経験。左サイドの長友佑都(ガラタサライ)に至っては2010年南アフリカから3大会連続でレギュラーに君臨し続け、キャップ数は代表歴代2位タイの122試合に達している。

 2人の存在感は突出しており、森保一監督も今のところ手を付けるつもりは一切ないようだ。2019年1〜2月のアジアカップ(UAE)、9月のミャンマー戦(ヤンゴン)からスタートした2022年カタールワールドカップアジア2次予選と、ほとんどの公式戦で彼らを起用している点を見ても「絶対的信頼」が窺える。2人の欧州リーグでの実績と代表でのキャリア、高度な国際経験値に加え、攻守両面の貢献と安定感を見れば、森保監督でなくても外したくないだろう。
 
 しかしながら、30代になった2人に依存し続け、カタール・ワールドカップまで戦い続けるのが良いのかどうかは疑問の残るところだ。実際、彼らを取り巻く現状が必ずしも芳しいわけではない。

 酒井宏樹はマルセイユでの試合出場機会が減ったわけではないが、チーム事情によって左サイドに回されたり、パフォーマンスの低下が危惧されるような状況もあった。そして今年3月には左足首手術も強いられた。新型コロナウイルス感染拡大によってフランスのリーグアンが長期中断に入っている期間を有効活用し、リハビリに励んでいる模様だが、完治した後、これまでと同レベル以上のパフォーマンスを維持できるかどうかという不安もつきまとう。

 長友にしても、2019年末まではガラタサライのファティ・テリム監督の信頼を受け、コンスタントに公式戦のピッチに立っていたが、イタリア移籍話が浮上した今年1月に入ってからはメンバー登録外になるケースが増え、移籍がとん挫した2月以降はメンバーリストから外れる事態に陥っている。それでも本人はチーム練習に参加し、コンディションを保っていたが、コロナ感染拡大によって国内リーグがストップし、トレーニングも満足にできなくなってしまった。

 さらに気がかりなのは、来季以降の身の振り方だ。欧州全体の先行き不透明な現状を踏まえると、噂されるイタリア移籍も叶わないかもしれない。森保ジャパンの中で最も経験豊富でメンタル・パフォーマンスともに高いレベルを維持している長友といえども、今夏以降も実戦をこなせない苦境が続けば、代表生き残りが危うくなる可能性もゼロではない。
 

 2人を欠いた時、日本代表が立ち行かなくなるのは、森保監督としても絶対に避けなければならないこと。親善試合などで酒井宏樹と長友以外の選手をトライしているのも、リスクヘッジを考えてのことだろう。

 これまで右サイドは室屋成(FC東京)、左サイドは佐々木翔(広島)や山中亮輔(浦和)、かつての酒井高徳(神戸)のような両サイドのバックアップ役として安西幸輝(ポルティモネンセ)らを抜擢しているが、大量4失点を喫した2019年11月のベネズエラ戦(吹田)などを見ると、室屋と佐々木を酒井宏樹と長友の代役に据えるのは難しい。

 アジアの格下相手ならプレッシャーもないだろうが、これから見据えなければならないのは、カタールや韓国やイランなどアジアの強敵やワールドカップで対峙する世界の強豪国。そこまでの意識を持ってつねにプレーし、成長に励んでいくしかない。

 安西は数少ない欧州組でマルチな能力を持っている選手ということで期待は大きい。ただ、ダイナミックかつアグレッシブな攻撃力に比べると守備の方がやや課題だ。個の局面打開が強調されるポルトガルで数々のアタッカーとマッチアップを繰り返し、以前よりは確実に1対1の守りも強化されているはずだが、3月からリーグ戦がストップしてしまったのは痛い。この空白期間をどう有効活用していくかを彼にはよく考えて取り組んでもらいたい。
 
 それ以外のSB候補者は東京五輪世代に何人かいる。右サイドであれば橋岡大樹(浦和)や岩田智輝(大分)、左サイドは杉岡大暉(鹿島)らが該当するだろう。とりわけ橋岡は昨年12月のE-1選手権(釜山)で非常にいい働きを見せ、A代表でも十分やれる選手であることを実証した。本人は今季Jリーグ開幕前に「チームとしては優勝、個人としては2ケタアシストを狙っています」と強みである運動量や守備面以上に攻撃力に磨きをかけていく意欲を示している。リーグ再開がいつになるか分からないが、言葉通りの飛躍を遂げられれば、酒井宏樹とポジション争いできる立場になれるかもしれない。

 同じ東京世代の岩田も昨年、ブラジルでのコパ・アメリカを経験し、著しい成長速度を見せている。橋岡同様に「今季、個人としては2ケタ得点に絡みたい。どれだけゴール前に顔を出せるかを意識していますし、その結果を残せばA代表も見えてくる」と意気込んでいた。4バックでもCBとSBに、3バックではCBと一列前のWBをこなせる2人は使い勝手のいい存在。森保監督もその動向を見守っていくはずだ。

 杉岡は昨年までは彼ら2人より「A代表に近い存在」と言われ、「長友の後継者」の呼び声も高かった。だが、新天地・鹿島アントラーズではザーゴ監督の評価はやや厳しい模様で、試合の出場機会を得るところから始めなければいけない状況だ。堅守と左足のキックには定評があるだけに、苦境を打開できれば光が見えてくるかもしれないが、果たしてどうなるのか。

 いずれにしても、東京五輪世代の追い上げは酒井宏樹・長友への依存脱却に必須テーマ。彼らの奮起をより強く求めたい。

取材・文●元川悦子(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)