ぺこぱのシュウペイが選ぶJ歴代ベスト11「悠、宏介、裕介さんとはかつてチームが一緒で…」

ぺこぱのシュウペイが選ぶJ歴代ベスト11「悠、宏介、裕介さんとはかつてチームが一緒で…」

赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。シュウペイが挙げたのは、自身がサッカーを始めるきっかけとなったキング・カズだ。



 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表、タレントなど総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、お笑い芸人『ぺこぱ』のシュウペイの“マイベストイレブン”を、本誌に載せきれなかったコメントを加えたノーカット版で紹介しよう。

――◆――◆――

 好きな選手がたくさんいる中から11人を選ぶのは大変だったなー!

 だってポジションが被ってる選手もいるし、年代別で考えたら思い出してるうちにあの選手もいた、あのチームにもこのチームにもってどんどん出てくるから、その時のプレーとかが勝手に頭の中で再生されて、試合が始まって、11人すべて選ぶまでにだいぶ時間がかかっちゃったもんなー(笑)。
 
 まずGKは川口能活選手!! もう引退しちゃったけど、あえて選手付けて言いまーす。だって子どもの頃から好きな選手は、引退しても僕の中では選手だから。初めて三ツ沢に試合を見に行った時の事は今でも覚えてるなー!! 選手ってテレビで見るより生のほうが遥かに身体も大きいし、なによりカッコいい。能活選手は判断力もスゴイし、ここぞってときの集中力!! 2004年アジアカップのあのPK戦は本当に感動しました。SC相模原での引退試合も見に行きましたね。

 そしてDF。左SBと言ったら、我らが高校の同級生の太田宏介!! 宏介の左足は他のJリーガーからの評価も高いし、なにより良い奴。宏介の活躍には何度も刺激を受けた。

 左CBの井原正巳さんは、初めてヴェルディとマリノスのチャンピオンシップを見に行った時のディフェンスがまさに鉄壁で、当時ヴェルディファンだった僕は家に帰っても「(マリノスの)井原強かったな」って言っていたぐらい悔しかった!! それぐらい印象に残ってる素晴らしい選手です。

 田中裕介選手は、中学の時のクラブチームの先輩でずっと憧れていました。当時はFWでめちゃくちゃ点を取っていて、裕介君みたいになりたいと思ってずっと練習してました。高校からDFにコンバートしてプロに注目されるって天才だと思う。

 室屋成選手はDFだけどドリブルで仕掛けられるし、運動量もあって、プレーを見ていてずっと楽しい選手。スタジアムに見に行った時も、ボールじゃなくて室屋選手を10分ぐらいずっと見てたこともありました(笑)。

 ボランチは遠藤保仁選手と家長昭博選手。遠藤選手はもう安定ですよ。PKのメンタルの強さもですけど、10年の南アフリカ・ワールドカップのFKはマジで喜び爆発させて応援してました!! 家長選手はセンスが抜群。体幹の強さと落ち着いたプレーは安心するし、とにかくイケメン!! 40歳ぐらいまでプレーしてる姿を見たいですね。
 

 中村俊輔選手はトップ下にするか悩みましたが、ラモス瑠偉選手を入れたいから左サイドハーフにしました。クロス、パス、FK、シュートすべてが芸術!! 何回もゴールシーンをYouTubeで見て感動してました。

 ラモス選手は自分がヴェルディファンだった頃、「めちゃくちゃ選手に怒るやん」って思って見てたけど、ヴェルディの強さを支えていたチームの心臓。ラモス選手のループを見てめっちゃ練習しました。

 右サイドハーフは小林悠選手。悠は宏介同様、同級生。中学からチームが一緒だったけど、悠は絶対プロに行くなと当時から思ってました。相手の裏を取らせたらJリーガーでナンバーワンだと思います。また得点王を期待したいです!!

 そして僕がサッカーを始めたきっかけとなった三浦知良選手を1トップに!! キングは絶対外せないですよ!! Jリーグや代表での活躍は夢を与えてくれましたね!!

 サッカー少年はみんなカズみたいになりたいとか、FWをやりたいとか、カズのポジションが1番カッコいいと思ってたはずだし、パフォーマンスを1番覚えられているんじゃないですかねー。

 僕も将来の夢はカズみたいにブラジルに行ってプロサッカー選手になりたいって幼稚園の頃言ってましたからね。今でもめちゃくちゃ好きですし、プライベートでもカッコいい!! 今でも現役だし、チャンスがあればまた代表のユニホームを着たいという気持ちはかなり刺激になってます。

 指揮官は、森保一監督ですね。 サンフレッチェの黄金期を作った人だと思うし、選手とのコミュニケーションを大事にされていて、ハーフタイムのロッカームールで後半の出だしの大事さなどを熱く選手たちに伝えていた姿を映像で見た時に、監督と選手の信頼を感じました。 指導者で選手のパフォーマンスも変わってくると思うので、すごく感銘を受けましたね。

 あー、ベストイレブン選ぶの楽しかったー?

構成●サッカーダイジェスト編集部

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より転載。一部、加筆・修正。

【PHOTO】53歳を迎え、ついに13年ぶりのJ1!35年目を迎えた”キング・カズ”のプロキャリアを秘蔵写真で振り返り!


 

関連記事(外部サイト)