「森保はずっと、監督候補だった」。広島をJ1初優勝に導いた指揮官の就任秘話

「森保はずっと、監督候補だった」。広島をJ1初優勝に導いた指揮官の就任秘話

2012年にペトロヴィッチ監督の後を継いだ森保監督。就任は決して唐突でも思いつきでもなかった。(C)SOCCER DIGEST



 永井龍や浅野雄也ら、移籍してきた選手たちが、一様に言う言葉がある。

「広島のような強豪」
「優勝を狙えるチーム」

 確かに、21世紀に入ってからの広島は、リーグ戦3度の優勝(2012、13、15年)をはじめとして、ルヴァンカップ(10、14年)、天皇杯(07、13年)それぞれ2度の準優勝、ゼロックス・スーパーカップでは4度の優勝(08、13、14、16年)、クラブワールドカップでは3位(15年)と、結果を残している。一方で、02年、07年と2度の降格を経験し、17年も残留争いを強いられて勝点1差で勝ち残った。危機も少なからず経験している。

 広島の財政規模からすれば本来、「強い」チームを作るのは至難の業だ。1997年には経営危機も経験し、高木琢也ら主力選手を放出せざるを得なかった。さらに11年オフ、経営陣は財政健全化を目的とした減資を決断する。その影響もあり、チームのベースをつくったペトロヴィッチ監督との契約延長を見送らざるを得なかった。チーム得点王である李忠成の海外移籍(サウサンプトンへ)やミキッチ以外の外国人選手の退団も認めるしかなかった。他にも、レジェンドというべき服部公太や盛田剛平らベテランもチームを去ることに。

 そういう事情もあり、12年の開幕前には多くのジャーナリストや評論家が広島を下位転落と予想。残留争いの主役となり、降格するという予測も少なくなかった。しかも偉大なるペトロヴィッチの後を引き継ぐのは森保一。クラブ創設期のミスター・サンフレッチェと言っていいレジェンドではあるが、監督経験はゼロ。「この人事では、チームの弱体化は避けられない」と怒りを爆発させたジャーナリストもいた。
 しかし、クラブ側からの視点に立てば、森保監督就任は決して唐突でも思いつきでもなく、まして減資の影響によるものでもない。03年に彼が仙台で引退した直後、広島に呼び戻し、指導者の道を一から歩ませた。当初はチームを担当させずに育成部門で経験を積ませる。時にはスクールコーチのアシスタントとして、ボール拾いに精を出す日々もあった。05年からは吉田靖監督のもとでU−20日本代表のコーチに就任。07年のU−20ワールドカップでは槙野智章、柏木陽介、平繁龍一の広島トリオらと共に世界の舞台で戦った。ちなみにこのチームには、内田篤人や森重真人、太田宏介や香川真司といった代表で活躍する選手たちも参戦。魅力的なサッカーと明るい個性で人気を集めた。

 代表から戻ってきた彼を、クラブはトップチームのコーチとして抜擢。09年までペトロヴィッチの下で学ばせた。翌年から森保は新潟のヘッドコーチに就任するが、いずれは広島の監督として呼び戻すという考え方は微動だにしなかった。彼が広島を離れた後も、コミュニケーションをとり続けていた。

 久保允誉会長の言葉である。

「森保はずっと、監督候補だった。U−20日本代表や新潟に彼が行ったのも、武者修行に行ってもらっている感覚。本谷(祐一社長※当時)と話をしていても、(監督候補として)いつも森保の名前がまず、あがった。ミシャに後継監督に相談した時も森保のことを話したのだが、『それは良い選択だ』と言ってくれたんです」

 森保自身、オファーを受けた当初は「ミシャさんの後が俺でいいのか」と考えたという。しかし「挑戦したい」という気持ちが逡巡を跳ね返し、ペトロヴィッチ前監督に「広島の監督に就任することになりました」と挨拶を終えたうえで、就任記者会見に臨んだ。

 その会見は、11年12月8日に行なわれた。その4年前、広島がJ2降格を余儀なくされたあの日に、森保新監督は記者たちの前に立った。07年のあの時、「誰になんと言われていようと、私はミシャと共にやっていく」と前代未聞の「降格監督続投人事」を発表した久保会長は、森保新監督に対してこんな言葉を贈っている。

「逃げることなく、強い監督であれ。君を選択したのは我々なんだから、責任は我々がとる。思い切ってやれ」
 森保監督就任に動いた本谷社長は当時、監督決定のポイントとして「(ペトロヴィッチ監督が築いてきた)攻撃サッカーを継承できる人材であること、そしてやはり人間性ですね。周りからリスペクトされている人物がふさわしい」と語っている。監督経験のなさについても「指導者としての経験は積んでいる」と意に介していなかった。

 本谷社長は森保一という人物に対して、絶対的と言っていい信頼を置いていた。現役の時からずっと、その信頼は変わらない。どんな場所に行っても広島への愛情は深く、一方で常に謙虚な気持ちを忘れずに研鑽を続ける姿勢。だらかこそ、生え抜き監督第一号である森保を絶対に成功させねばならない。
 
 その信頼のメッセージこそ、「たとえJ2に落ちたとしても、森保監督は継続する」というサポーターズ・カンファレンスでの言葉だった。

「選手のレベルを考えても、トレーニングの内容を見ても、降格するなんてこれっぽっちも、考えていなかった。それでも敢えて、そういうメッセージを発したのは、クラブとしての意思をサポーターや選手に明確に、伝えるためだった」

 森保監督も動いた。チーム全員に対して「一緒に戦ってほしい」と電話で連絡。ペトロヴィッチ監督退任でショックを受けていた選手たちの気持ちを立て直し、前任者時代にチャンスを得られなかった人材、例えば清水航平のような実力者に「やってやろう」という気概を燃え上がらせた。

 そのうえでチーム力を詳細に分析し、ペトロヴィッチ監督が築いたサッカーの継続を決めた。守備にはある程度のアレンジを加えるが、基本的には戦術を踏襲する。特に攻撃面では1トップ2シャドーを中心に5枚が前線に並ぶやり方も、可変システムもそのまま引き継いだ。新潟時代から高く評価していた千葉和彦をリベロに抜擢し、ビルドアップを安定させたことも森保監督の工夫ではあるが、それも前任者から引き継いだ「ビルドアップ哲学」を踏襲するためのもの。

 これまでの広島は、監督が変わる度にサッカーのコンセプトも変わった。ペトロヴィッチ監督→森保監督となって、広島で初めて「資産の継続」が行なわれた。これこそ、12年に予想外の初優勝を飾った原動力となったのだ。鹿島が20タイトルを獲得したのには様々な要因があるが、大きな力となったのは歴代のチームにしっかりと戦術的な資産の継続が行なわれてきたからだ。世界を見ても、例えばバルセロナにはそういう徹底した継続性がある。瞬間風速でない力の裏側には、継続は絶対に必要。特に広島のような規模のクラブであれば、なおさら必要ではないか。ひとりで試合を決めてしまう強烈な個を招請するわけではないのだから。
 
 12年の初優勝によって、広島には「勝者のメンタリティ」が初めて注入された。ただそれは、08年のJ2時代に確立され、ペトロヴィッチ監督から森保監督へと引き継がれた資産があってこそ、附加された財産だ。そして引き継がれた資産は紆余曲折とアレンジを経ながら、城福浩監督の下での広島にも脈々と活きている。

取材・文●中野和也(紫熊倶楽部)

【未公開PHOTO】偉大な番号を受け継いだ広島MF川辺駿!インタビュー未掲載写真を一挙公開!

関連記事(外部サイト)