「いつクビにされるか分からない」。無給の可能性も!? ”選手権ヒーロー”のオーストラリア下部リーグ「奮闘記」

「いつクビにされるか分からない」。無給の可能性も!? ”選手権ヒーロー”のオーストラリア下部リーグ「奮闘記」

選手権でも活躍した野路は、オーストラリアの下部リーグでプレーしていた。



 昨季まで町田に所属していた端山豪の移籍先がオーストラリアのシドニーオリンピックFCに決まった。その他、立花歩夢(元横浜FC)がプレストン・ライオンズFCへ、山田満夫(元沼津)がウロンゴン・ユナイテッドFCへと、Jリーガーのオーストラリア行きがちらほら目につく。所属元との契約が満了となり移籍先を探していた彼らが向かったのは、いずれも1部リーグではない。そんなオーストラリア下部リーグの実情が気になり、過去にプレーした選手の経験を電話で聞いてみた。

「オーストラリアは複雑なんだよね」

 声の主である野路貴之は、2012年度の全国高校選手権に桐光学園高の一員として出場し、3ゴールを挙げてチームを3位に導いた“選手権ヒーロー”。「ヒーロー」という肩書はやや大袈裟かもしれないが、大会後には日本高校選抜にも選ばれたのだから悪くない実績だろう。その後は神奈川大に進学し、4年生時(16年)には主力として活躍。天皇杯1回戦の町田戦(〇1−0)ではJクラブ撃破にも貢献した。選手権で対戦した浅野拓磨(四日市中央工高→広島/現パルチザン)はすでにJリーグで活躍していたし、神奈川大で共闘した武田将平(現甲府)も岡山への入団が決まる。当然、「俺だって」とJクラブ入りを目指した。

「町田は練習試合、練習まで参加させてもらったけどダメだった。実力で決定的な大きな差を感じなかったからこそ、少し歯がゆさもあったかな……。そのあとも、沼津、相模原、YS横浜のセレクションも受けたけど、全部ダメ」
 現実は厳しかった。そんな時に声をかけてくれたのが神奈川大の先輩だ。「オーストラリア来いよ」との誘いを受けて、海を渡った。先輩にはオーストラリアでの生活からクラブとの契約までサポートするエージェントサービスをしてもらったという。

 晴れて加入できたのが、ウロンゴン・ユナイテッドFCで、所属はイラワラリーグ。本田圭佑(元メルボルン・ヴィクトリー)らがプレーしたAリーグ(オーストラリアの1部リーグ)とはまったくつながっておらず、昇降格のないイラワラ州独自で運営しているリーグである。同リーグには今季、前述の山田のほかに長谷川悠(長崎→ウロンゴン・オリンピックFC)も移籍した。日本人は多いようだ。

「外国人枠は1チーム3人までで、それをすべて日本人で埋めているチームもそこそこあるし、ほとんどのチームに日本人がいる。個人的にはオーストラリア人は技術が低い印象を受けたけど、フィジカルはあるから、オーストラリア人のウィークポイントを日本人で補っている感じだったかな」

 リーグ戦は3月〜8月までの間で、12チームがホーム&アウェー方式で合計22試合を戦う。1試合あたり、「勝てば400ドル(約2万7000円)、引き分けで350ドル(約2万4000円)、負けで300ドル(約2万円)が支給されて、ベンチは勝敗に応じて50%(=勝利なら200ドル)が払われる。ベンチ外なら無給」だったという。年俸はなく、加入時に決められた「出場給」が給料のベース。これは野路の場合で選手によって契約は変わるが、基本給がないため「モチベーションとしては毎試合必死だった」。

 単年契約のため、チームに必要とされれば「出場給」が上がって翌シーズンも残留できるケースはあるが、「ほとんどの試合に出て、7ゴールも決めた。でも、チームとしての成績が悪かったのもあって、助っ人にあたる自分のもとに来季の契約の話はなかった」。


 生計を立てるためにアルバイトをしつつ、次なる移籍先を探した。できれば「なるべく高いレベルでサッカーしたい」との想いから、目指したのはナショナル・プレミアリーグ。Aリーグと昇降格でつながってはいないものの、トップリーグに次ぐ規模で運営しているリーグだ。同リーグでは前述の端山や立花のほかに、過去には元日本代表の田代有三や野沢拓也(ともにウーロンゴン・ウルブズ)もプレーした。

「片っ端から30チームくらいに『練習参加させてほしい』と連絡して、ほとんど返答なかったけど、唯一、反応してくれたのがハコア・シドニーシティイーストFC。約1か月の練習参加をして、活躍できて、契約にこぎつけることができた」

 ナショナル・プレミアリーグもリーグ戦は年間22試合。ハコア・シドニーシティイーストFCでは前所属クラブと出場給の額は変わらなかったが、試合出場の有無にかかわらず、給料は支払われたという。そして、オーストラリアでは2部に相当するリーグで、サッカーレベルは上がったようだ。

「イラワラの独立リーグより、技術のある選手が多いから、サッカーレベルはたしかに上がった。だけど、ハコアでは戦術練習もないし、チームとしての決め事もない。だから、どちらかと言えば、スピードのあるドリブラーとか、単独で局面を打開できる選手のほうが活躍しやすい」

 ハコア・シドニーシティイーストFCで野路は、右サイドハーフを主戦場にフル稼働してアシストなどを連発。引き立て役に奔走し、チームの年間MVPに選出された。昇給で翌年の契約も勝ち取ったのだ。
「でも、ハコアでの2年目はひどかったね。チームとしてもあまり勝てなくて。前期は全試合に出させてもらったけど、後期はまったく出れなかった」

 ナショナル・プレミアリーグでは外国人は2枠まで。成績が伸びなければ助っ人枠をテコ入れする傾向があり、しかもシーズン途中の移籍期間には頻繁に選手が入れ替わるという。それはハコア・シドニーシティイーストFCも同様で、野路も「いつクビにされるか分からない。ビクビクしていた」と緊迫した心境だった。

 ナショナル・プレミアリーグはAリーグへの昇格がないが、視察の目は行き届いていて目立つ活躍をすれば“個人昇格”できるケースもある。野路も「Aリーグを目指した」が、それは叶わず、ハコア・シドニーシティイーストFCから来季の契約の話もなかった。ビザの期限が切れること、そして25歳という年齢も顧みて帰国。現在は関東2部の社会人リーグに属する横浜猛蹴FCでプレーしている。

「単年契約で、毎年、来年があるかどうか分からない。メンタルは鍛えられたかな」

 選手によって契約は異なるし、オーストラリア下部リーグの特性との相性は千差万別あるだろう。だた、少なくとも野路にとっては、かけがえのない3年間だったようだ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】Jクラブ入りも!? この夏に「移籍金ゼロ円」で獲得できる“ボスマン選手”30人を一挙紹介!

関連記事(外部サイト)