森保ジャパン再検証<GK編>ポスト川島が重要テーマも欧州組の現状は… 一方で20歳新鋭の潜在能力に絶賛の声も

森保ジャパン再検証<GK編>ポスト川島が重要テーマも欧州組の現状は… 一方で20歳新鋭の潜在能力に絶賛の声も

日本代表の守護神の座を争う選手たち。左上から時計回りに、シュミット、川島、権田、中村、大迫。写真:サッカーダイジェスト



 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのかまだ先は見えない。いずれ来る活動再開に向けて、森保監督はこれまで、どのようなチーム強化をしてきたのか、ここで検証しておきたい。森保体制下の日本代表におけるポジションごとの序列がどうなっているのかを、今一度、振り返る。(文●元川悦子/フリーライター)

――◆――◆――

 2018年9月に発足した森保ジャパンの中で、2018年ロシア・ワールドカップまで3大会連続で大舞台に立った川島永嗣(ストラスブール)の後釜探しが重要テーマとなったポジションがGKだ。当初はロシア組で2016年リオデジャネイロ五輪代表の中村航輔(柏)が有力候補と位置付けられていたが、ロシアから戻った直後のJリーグで2度目の脳震盪を起こし、選手生命の危機に瀕してしまった。そんな事情もあり、森保体制初陣の2018年9月のコスタリカ戦(吹田)では東口順昭(G大阪)が先発。当面は彼が正守護神の座を担うと見られた。

 しかし、続く10月のパナマ戦(新潟)では権田修一(ポルティモネンセ)、ウルグアイ戦(埼玉)は東口、11月のベネズエラ戦(大分)はシュミット・ダニエル(シントトロイデン)、キルギス戦(豊田)は権田と、森保監督は序盤5戦で3人のGKを順番にテストするという大胆策に打って出た。アジアカップで誰を軸に据えるかを決めるために、守備範囲の広さやリーダーシップ、攻撃の起点となる動きなどさまざまなポイントをチェックしていたのだろう。その結果、最終的に選ばれたのは権田。2012年ロンドン五輪を主力として戦い、2014年ブラジル・ワールドカップにも帯同した経験値も買われた模様だ。

 UAEに赴いてからの権田は、初戦のトルクメニスタン戦(アブダビ)で2失点からスタートしたが、徐々に安定感とリーダーシップを増していった。決勝のカタール戦(アブダビ)では守備陣と連係面のズレが生じて3失点と不本意な終わり方をしたが、7試合のうち4試合で無失点、総失点6と1試合平均1以下で乗り切り、一定の評価を得た。

 だが、本人は自分に厳しい発言をした。
「今大会は出番がありましたけど、個人的に全然満足のいく大会ではなかったし、自分の足りないものばかり見えてくる大会だった。優勝という結果が出ていないし、僕がベストGKを取れるくらいの働きをしていたら優勝できた。僕自身、複数の失点をしているわけで、そこはしっかり見つめ直して、しっかり切り替えてやらないといけないと思います」

 この悔しさを糧に、彼は2度目の海外挑戦に踏み切り、ポルトガルへ渡った。そこで確実に出場機会を得ていれば、森保監督もGKの大黒柱と位置づけ、その後も起用し続ける腹積もりだったのではないか。けれども、権田はポルティモネンセで思うように出番を掴めず、18-19シーズン後半戦はリーグ1試合のみにとどまった。

 こうした状況を踏まえ、昨年の3月シリーズ以降の森保監督はシュミットを抜擢する回数が増えていく。3月のボリビア戦(神戸)、6月のトリニダード・トバゴ戦(豊田)、エルサルバドル戦(宮城)の3試合は連続でスタメンに起用。9月スタートの2次予選は彼を中心に戦うことも視野に入れていた様子だ。

 とはいえ、ワールドカップ予選経験のない権田とシュミットだけでは不測の事態が起きた時に不安が残る。そこでA代表と東京五輪世代をミックスして編成したコパ・アメリカでベテランの川島を呼び戻し、さらに若手の期待の星・大迫敬介(広島)と併用していく形を取った。川島はロシア大会直後に移籍したストラスブールで第3GK扱いになっていて、ほぼ1年間出場がなかったものの、やはり国際経験値では群を抜いている。その事実は2-2で引き分けた第2戦・ウルグアイ戦でも明らかだった。初戦・チリ戦で0-4の惨敗を喫した際、ゴールマウスに立った大迫も「永嗣さんはみんなに与える安心感が違う」と話したが、そこが数々の修羅場をくぐり抜けてきた経験がなせる業なのだろう。

 ただ、川島の方も「敬介は普通の日本人にはない身体の強さを持っているし、技術的にも高い。気持ちもメンタル的にもいいものがある。しかも19歳ですからね。僕が19歳だった時よりどう考えても技術的にしっかりしている。ホントに可能性ありますよね」と、その将来に大きな期待を寄せる。極めてポテンシャルの高い若手も加えながら、幅広い年代で競争させていこうという森保監督の姿勢が鮮明になったのは間違いない。

 こうした中、2次予選がスタート。9月の初戦・ミャンマー戦(ヤンゴン)から11月のキルギス戦(ビシュケク)までの前半戦4試合でゴールを守ったのは権田だった。6月の時点ではシュミットの方が序列的に上と目されたが、やはりアジアカップの経験値やポルティモネンセ2年目を迎えて出場機会が少しずつ増えてきた権田の方がベターだという判断に至ったのだろう。

 よりリスクを回避するためには川島という選択肢もあっただろうが、川島は2シーズン目に突入したストラスブールで依然として出場機会がなく、試合勘という意味でもやや不安があった。大迫は五輪代表優先という観点もあり、2次予選は招集見送りとなっていて、当面は権田を中心に戦っていく決意を固めた様子だ。
 

 その後、E-1選手権で中村航輔を久しぶりに招集し、大迫もトライしているだけに、この先は彼ら2人も交えて5〜6人が代表定位置争いを続けていくことになりそうだ。代表戦再開後に誰がどのような状況になっているか分からないため、権田と言えどもアドバンテージがあるとは言い切れないところがある。

 しかしながら、2次予選で4試合・無失点という結果、吉田麻也(サウサンプトン)や冨安健洋(ボローニャ)ら最終ラインとの連係や意思疎通という観点を見ても、今のところ権田を変える理由はない。

 ポルトガルリーグがいつ再開されるのか、来季以降どうなっていくのかにもよるが、現状では権田がクラブで定位置を確保し、試合出場をコンスタントに続けていくことが何より重要になってくる。川島とともに、シュミットも年明けの負傷をきっかけに公式戦から遠ざかるなど、欧州組GKが軒並み不安定な状況にいるだけに、より権田にかかる期待は大きい。

 国内組の中村や大迫にも、もちろん大きな伸びしろがある。とりわけ、弱冠20歳の大迫はかつて20歳前後で代表デビューした川口能活(協会アスリート委員長)や楢崎正剛(名古屋アカデミーGKコーチ)らのような勢いと可能性を感じさせる。2021年に予定される最終予選では、彼が滑り込みで守護神の座を掴む未来も描けないことはない。爆発的な成長を楽しみに待ちたい。

文●元川悦子(フリーライター)

関連記事(外部サイト)