福田正博が選ぶJ歴代ベスト11「 オシム監督の下で “猛獣”たちがどう輝くか」

福田正博が選ぶJ歴代ベスト11「 オシム監督の下で “猛獣”たちがどう輝くか」

赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。福田氏が挙げたのは、その能力を「異次元」と評するイニエスタだ。



 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、現役時代に浦和や日本代表で活躍し、引退後は指導者や解説者として活動する福田正博氏の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 選んだ基準は一緒にプレーしたいと思う選手。どこからでも良質なパスが出てくるので、簡単に点が取れそう(笑)。最大の注目はイニエスタ。Jで活躍してきた各国の代表選手のなかでも、その能力は異次元。派手さはないけど、淡々と当たり前に凄いプレーをするし、パスを見て感じたのはボールに変な回転がかかっていない。受け手からすればありがたい。

 イニエスタと一緒に2列目を形成するのは創造性豊かなストイコビッチ。バルセロナの哲学で育ったイニエスタとは違い、彼には野に放たれたような自由奔放さがある(笑)。一歩間違えればチームを崩壊させそうな自由なプレーヤーで、まるで諸刃の剣だけど、それも魅力。安定ばかりしていても面白くないだろうし。
 1年半、浦和で一緒にプレーしたエメルソンは、爆発的なスピードを持っていて、技術もシュートもハイレベル。非常に能力が高くて、私が引退を意識させられたきっかけの選手でもある。

 同じ浦和つながりでは、選手とコーチで2シーズンともに戦った闘莉王も外せない。勝利に貪欲で、言い方は悪いけど、どんな手を使ってでも勝ちにいく。かといってテクニックがないわけでもない。

 ラモスさんも勝負へのこだわりが強く、小さな頃からの憧れ。Jリーグと日本代表を牽引してきた功績は見逃せない。他にも日本を代表する選手ばかりで、日本人GKとして初めて欧州に移籍した川口のツボに入った時のプレーは、人を引きつける。

 遠藤はJ1最多タイの出場記録を持っていて、外から見ると、やっぱり視野が広いなと。内田は日本で一番の右SB。攻撃的でクレバーでなにより落ち着いている。
 

 そんな内田と4バックを形成するのは、先述した闘莉王に加え、井原と三都主。1歳下の井原とは一緒に戦ってきてその凄さを見てきた。頭が良くて安定感があって、代表のキャップ数は歴代2位タイの122試合。この実績が能力の高さを証明している。

 左SBにはレフティを置きたくて、三都主に。圧倒的な左足の精度、威力は歴代でも屈指の質。守備に不安はあるけど(笑)。

 最後になるけど同学年のカズは53歳の今も現役で、Jや代表で結果を残してきたし、発信力、生き方などを考えても外す理由は見当たらない。日本に多大な功績をもたらしたオシム監督の下で、これらの“猛獣”たちがどう輝くかが楽しみ。うまく扱えるのはオシム監督だけ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より転載。
 

関連記事(外部サイト)