【懐かしの一枚/後編】岡崎慎司、長谷部誠らの貴重なカットを蔵出し

【懐かしの一枚/後編】岡崎慎司、長谷部誠らの貴重なカットを蔵出し

ブレイク前の岡崎。飛躍への熱い決意を語ってくれた。(C)SOCCER DIGEST



 これまで数々の取材で選手たちの素顔に迫ってきたサッカーダイジェスト。ここでは、以前に誌面で掲載した企画をプレーバック。編集部に眠っていたオフショットなどを通して、現役で活躍を続けるプレーヤーたちの若かりし頃を振り返る。後編は日本代表として活躍した岡崎や長谷部らを紹介。


■岡崎慎司(ウエスカ/スペイン)
写真:2007年の清水時代に撮影

 プロ3年目、リーグ初ゴールを決め、清水で定位置を掴みつつあった頃とあって立ち姿からも自信が窺える。「自分を見る周りの目も違ってきている」と語り、翌年以降のブレイクへつなげた。

■長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
写真:2005年の浦和時代に撮影

 プロ4年目、夏が似合う“夏男”としてサッカーダイジェストの表紙に登場。チームの主軸としての自覚も芽生え、インタビューでは「年下であっても俺が周囲を引っ張りたい」と熱い想いを吐露した。

■中村憲剛(川崎)
写真:2005年に撮影

 2016年に最年長でリーグMVPに輝いた川崎のレジェンドも、プロ3年目の当時は知る人ぞ知るという存在。写真撮影ではクラブを牽引するんだという想いを表現してもらった。

■大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
写真:2009年の鹿島時代に撮影

“ハンパない点取り屋”はプロ1年目のACL初戦(上海申花戦)でいきなりゴールとインパクトを残した。写真はサポーター席で祝福された際の一枚で、第2戦では連続ゴールも決めた。

構成●サッカーダイジェスト編集部

関連記事(外部サイト)