森保ジャパン再検証<FW編>カタール行きの鍵を握る“大迫依存症”からの脱却…解決策のキーマンは?

森保ジャパン再検証<FW編>カタール行きの鍵を握る“大迫依存症”からの脱却…解決策のキーマンは?

大迫が主軸を担うセンターフォワードだが、エース依存は避けたい。FW候補の顔ぶれは、左上から時計回りに、鎌田、大迫、南野、上田、鈴木、永井。写真:サッカーダイジェスト写真部



 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのかまだ先は見えない。いずれ来る活動再開に向けて、森保監督がこれまで、どのようにチーム強化を進めてきたのか、ポジションごとに検証していく。(文●元川悦子/フリーライター)

――◆――◆――

 日本サッカー界において「絶対的FW」は長年、求められてきた存在だった。釜本邦茂、カズ(三浦知良/横浜FC)、中山雅史(沼津)、高原直泰(沖縄SV)、岡崎慎司(ウエスカ)と過去に何人か傑出した点取り屋がいたが、2018年ロシア・ワールドカップでベスト16進出の原動力となった大迫勇也(ブレーメン)は、偉大な先人たちを超える能力があると評されている。

 自身2度目の世界舞台では「大迫、半端ないって」が流行語になるほどの絶大なインパクトを残したストライカーは、前線でボールを収め時間を作り、味方のゴールをお膳立てできる一方で、なおも自ら得点を奪えるマルチな選手。それだけの人材はそうそう出てこない。ゆえに、森保一監督も大迫を絶対的エースに据え、ここまで起用し続けてきたのだ。

 ただ、指揮官も最初から大迫に依存しようと考えていたわけではなかった。初陣となった2018年9月シリーズではあえてロシアで軸を担った欧州組を呼ばず、小林悠(川崎)や浅野拓磨(パルチザン)を招集し、コスタリカ戦(吹田)では小林を起用。FW陣のバリエーションを増やそうという意欲を見せていた。

 しかし、翌10月シリーズで大迫が加わると、堂安律(PSV)、南野拓実(リバプール)、中島翔哉(ポルト)の「新2列目トリオ」が躍動。タテへの推進力も一気に高まり、攻撃の迫力が格段に上がったのだ。

「タテに行く選手が多いので、僕のところでしっかりと落ち着かせないとチームとしても苦しくなる。今は勢いよくガンガン行ってもらうことが一番だと思うので、これを続けながら自分がしっかりコントロールできればいいかなと思いますね」と大迫は自分のやるべきことを明確に見据えていた。確実な状況判断とメンタル的な余裕が、フレッシュな攻撃陣に大きなプラスをもたらしたのは間違いない。
 

 そして大迫の存在価値がよりクローズアップされることになったのが、2019年アジアカップ(UAE)だ。彼は大会直前に右臀部を負傷。「ここで出たら1〜2か月はドイツで試合ができないんだろうな」と感じるほどの重傷だったが、初戦・トルクメニスタン戦に強行出場。自らの2発で逆転勝利へと導き、エースの存在価値を実証した。

 しかし今度は左臀部を痛め、再び長期リハビリを余儀なくされる。森保監督も頭を抱え、A代表経験の乏しい北川航也(ラピッド・ウイーン)や追加招集のロシア組FW武藤嘉紀(ニューカッスル)を代役に指名したが、思うように攻撃は機能しなかった。

「大迫が1秒2秒タメを作ってくれることで、周りがスペースに飛び出していける。彼はアジアでは抜けているプレーヤー」と長友佑都(ガラタサライ)が復帰を熱望すれば、柴崎岳(ラコルーニャ)も「彼のボールキープは日本の武器になりますし、そこから先の展開は正直言って他のFWとはレベルが違います」と同調した。こうした周囲の期待もあって、大迫はムリを押して準決勝・イラン戦で復帰。いきなり2ゴールという結果を残してみせる。そのパフォーマンスは見事としか言いようがなかったが、決勝のカタール戦では不発。日本にタイトルはもたらせなかったが、「自分がチームを引っ張っているんだ」という強い自覚を彼自身がピッチ上で示したのは紛れもない事実だろう。

 これを機に大迫の存在価値はより一層高まった。けれども、両サイドバックやボランチ同様、主軸への依存度が高まれば高まるほど、アクシデントが起きた時が問題になってくる。森保監督も新たなオプションを用意する重要性を痛感し、2019年3月シリーズでは鈴木武蔵(札幌)と鎌田大地(フランクフルト)を1トップでテストし、コロンビア戦(日産)の後半途中には南野を最前線に上げるという奇策にもトライした。さらに6月シリーズでは永井謙佑(FC東京)も抜擢。2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の「有事」に備えた。
 

 9月からスタートした2次予選では、まず初戦のミャンマー戦(ヤンゴン)で大迫が先発。今季ブレーメンで開幕直後の3試合・3ゴールと勢いに乗っていたエースは、無難な仕事ぶりで2-0の勝利に貢献した。ところが、再び大迫はアクシデントに見舞われる。9月18日のクラブでの練習中に右太ももを痛め、またも長期離脱を強いられてしまうのだ。

 あまりにも早すぎる「大迫不在問題」に直面した森保ジャパン。指揮官は10月のモンゴル戦(埼玉)で永井、タジキスタン戦(ドゥシャンベ)で鎌田を1トップに抜擢。なんとか乗り切ろうとした。

 相手との実力差が大きかったモンゴル戦は6-0と難なく勝利。永井も安堵した様子だったが、タジキスタン戦は簡単な試合にはならなかった。相手の想定外の粘りとタフさに手を焼き、前半はむしろペースを握られたと言ってもいいような状況に陥ったのだ。そこで後半に入るや否や、選手自身の判断で南野と鎌田がポジション入れ替えに踏み切る。南野が1トップに入ったことでタメができるようになり、ようやく攻撃に流れが生まれた。役割変更の牽引役となった南野が2ゴールを叩き出し、終わってみれば3-0。現時点では、このオプションが大迫依存症の最善の打開策であることを、指揮官自身も認識したのではないか。

 さらに11月シリーズ(対キルギス戦/〇2-0、対ベネズエラ戦/●1-4)は永井、鈴木という組み合わせで戦ったものの、そのパフォーマンスは大迫の代役を十分に果たせていたとは言えない。それは鎌田にしても同様だ。2次予選に入ってから最も機能した南野の最前線起用も、もともと敵を背負ってプレーするタイプではないだけに、本来のトップ下での起用がベター。2列目の堂安や中島らもやりやすいはずだ。

 若い世代に目を向けても、2019年時点で急成長を遂げていた上田綺世(鹿島)はJリーグ入りしてからは中途半端な状況で、同じ東京五輪世代の小川航基(磐田)や田川亨介(FC東京)もまだまだ未知数と言わざるを得ない。2019年6月のコパ・アメリカ(ブラジル)で存在感を示したベテラン・岡崎の再招集も現実味を帯びてきたと言われるなど、ポスト大迫のベストな人材を見つけられていないのが現実なのだ。

 果たして森保監督は、2021年開始予定の最終予選までに、CFの新たな人材に目星をつけられるのか。理想的なのは大迫が怪我なしでカタールまで走り続けることだが、絶対的1トップも今月18日で30代の大台を迎える。となれば、怪我のリスクはこれまで以上に高まってくる。身体のケアにより一層の慎重さが必要になるのは間違いない。今のところ日本のカタール切符獲得、そして悲願のワールドカップ8強進出の行方は、大迫の状態次第といっても過言ではないだろう。

文●元川悦子(フリーライター)

関連記事(外部サイト)

×