「鋭敏になりすぎ」「現在も進行形」本田圭佑の「“元日本代表”とは書かないで!」投稿が物議!

ボタフォゴ・本田圭佑がTwitterで「『元日本代表』とは書かないで」と投稿し物議

記事まとめ

  • 本田圭佑の呼びかけで音声コンテンツサービスが開始され、海外でも報じられた
  • その報道に対し、本田圭佑はTwitterで「『元日本代表』とは書かないで」と投稿した
  • 賛同意見が寄せられた一方、「代表選手って意味なら元でしかない」との指摘も出ている

「鋭敏になりすぎ」「現在も進行形」本田圭佑の「“元日本代表”とは書かないで!」投稿が物議!

「鋭敏になりすぎ」「現在も進行形」本田圭佑の「“元日本代表”とは書かないで!」投稿が物議!

ロシアW杯を最後に代表での試合には出場していない本田圭佑。写真:滝川敏之



 ボタフォゴでプレーする本田圭佑の呼びかけにより、4月29日から開始された「NowVoice」という音声コンテンツサービス。本田が経営するNowDO社とスポーツメディア「SPORTSBULL」を運営する運動通信社による共同事業で、“トップランナーと「声」で繋がる”というコンセプトのもと、長友佑都をはじめ、メジャーリーガーのダルビッシュ有、競泳の池江璃花子、テニスプレーヤーの錦織圭など日本を代表するトッププレーヤーが参加している。

 このサービス開始は、海外でも報道されたようで、本田は5月3日、自身のツイッターを更新し、『ジャパンタイムズ』が『NowVoice』のサービスを紹介する記事を引用し、「『元(日本代表)』とは書かないで、好きじゃない。 『ナショナルチャレンジャー』と書いて」と英語で投稿した。

 この投稿には、「ボタフォゴのサポーターにとって、あなたは決して元にはなりません!」という海外のファンからの声のほか、「本田圭佑選手は元では無く、今も『日本を代表する選手です』」、「“生涯チャレンジャー”と仰ってる通り、自分の思いを次々と体現されています。それは現在も進行形です」というコメントが寄せられた一方、「日本代表選手って意味ならフォーマー、元でしかないでしょ」、「現役の選手と区別するため。鋭敏になりすぎ」などの声も寄せられた。
 
 ボタフォゴでプレーする傍ら、サッカークラブの経営やカンボジア代表の実質監督への就任、さらには数十社に渡るベンチャー企業への投資など多方面で活躍している本田。日本代表については、2018年のロシア・ワールドカップ後、「これが僕自身にとって、ワールドカップ最後になる」、「4年後は考えられない」など代表引退ともとれる発言をしていた。

 このツイートの意図は何だったのか。いずれにしても、その発信力を見る限り、“日本を代表する”選手なのは間違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【本田圭佑PHOTO】ヘアスタイルの変遷にも注目!星稜時代の2005年から、2020シーズンまでを一挙大公開!
 

関連記事(外部サイト)